2016年11月08日 07時00分 公開
特集/連載

新MacBook Proがビジネス市場でWindows PCと勝負しない理由ビジネス向けではオーバースペック?

法人市場では依然としてWindows PCがMacよりも優勢だ。対して、一般消費者向けの市場ではMacも広く使われている。Appleの戦略とは? Macがどのような市場で強いのかを含めて紹介する。

[Ramin Edmond,TechTarget]
MacBook Proの公式Webページ《クリックで拡大》

 専門家の予想では、Macが法人市場で勢いを増すことは当分なさそうだ。

 Appleが提供している「Mac」のデスクトップやノートブックは、一般消費者や学生の間では人気だ。だが、ビジネスの世界で支配的なのはMicrosoftの「Windows」搭載クライアントPC(Windows PC)だ。2016年10月27日にAppleが発表したノートブック「MacBook Pro」の新モデルは、典型的なAppleユーザーに照準を合わせた新機能や仕様を搭載する。Macが法人市場で後れを取っている背景には、Appleのマーケティング戦略やビジネスアプリケーションの欠如など、さまざまな要因があるが、中でも最大の理由はコストだ。

 企業が多数の従業員に対し、Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」や電子メール、Web閲覧など基本的な業務プロセスをこなすためのクライアントPCを支給したい場合、必要なのはハイエンドなクライアントPCやMacではなく、手頃な価格のWindows PCだ。AppleリセラーであるTSPの創業者でマネージングディレクター兼最高技術責任者(CTO)のマイケル・オー氏はそう指摘する。「数種類のアプリケーションを使っているだけの従業員に必要なのは、安価なWindows PCだ」と同氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...