2016年11月08日 07時00分 UPDATE
特集/連載

ビジネス向けではオーバースペック?新MacBook Proがビジネス市場でWindows PCと勝負しない理由

法人市場では依然としてWindows PCがMacよりも優勢だ。対して、一般消費者向けの市場ではMacも広く使われている。Appleの戦略とは? Macがどのような市場で強いのかを含めて紹介する。

[Ramin Edmond,TechTarget]
MacBook Proの公式Webページ《クリックで拡大》

 専門家の予想では、Macが法人市場で勢いを増すことは当分なさそうだ。

 Appleが提供している「Mac」のデスクトップやノートブックは、一般消費者や学生の間では人気だ。だが、ビジネスの世界で支配的なのはMicrosoftの「Windows」搭載クライアントPC(Windows PC)だ。2016年10月27日にAppleが発表したノートブック「MacBook Pro」の新モデルは、典型的なAppleユーザーに照準を合わせた新機能や仕様を搭載する。Macが法人市場で後れを取っている背景には、Appleのマーケティング戦略やビジネスアプリケーションの欠如など、さまざまな要因があるが、中でも最大の理由はコストだ。

 企業が多数の従業員に対し、Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」や電子メール、Web閲覧など基本的な業務プロセスをこなすためのクライアントPCを支給したい場合、必要なのはハイエンドなクライアントPCやMacではなく、手頃な価格のWindows PCだ。AppleリセラーであるTSPの創業者でマネージングディレクター兼最高技術責任者(CTO)のマイケル・オー氏はそう指摘する。「数種類のアプリケーションを使っているだけの従業員に必要なのは、安価なWindows PCだ」と同氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...