2016年05月28日 07時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:2016年モデル「MacBook」、最高に魅力的だがやはり目立つ“惜しい欠点”圧力も感知するタッチパッドの実力(1/4 ページ)

2016年モデルの「MacBook」は、スペックも向上しハードウェアとして素晴らしい一品だ。だが、超薄型デバイスに付き物の妥協点もある。果たして新しいMacBookの評価はどうなのだろうか。

[Jamison Cush,TechTarget]

関連キーワード

Apple | Mac | Intel(インテル) | ビジネスPC


MacBookの製品画像《クリックで拡大》

 市場をリードするハードウェアと最高級のタッチパッドを備えたAppleの2016年モデルの「MacBook」は、魅力的な製品である。だが残念ながら、高価な点が足かせになっている。価格の高さにより、「USB Type-C」端子が1つしか搭載されていないといったモバイルテクノロジーの妥協点が受け入れにくいものになっている。

 だが、Apple製品は高価だ。スペックが対等でも、Microsoftの「Windows」やGoogleの「Android」を搭載している同等製品より高額になる場合が多い。その見返りとして、一般的にApple製品はデザインと設計の両面で優れており、長く使えるように作られている。

 2016年モデルのMacBookは、高価だが、デザイン性に優れ、適切に設計されていることを強調しておきたい。テストした期間は数週間だが、MacBookが安価な製品に比べて長持ちすることについて疑う余地はほぼないと断言できる。

 とはいうものの、超薄型デバイスに付き物の妥協点があることに加えて、これほど高価であるのはいかがなものだろうか。こうしたマイナス要素の相乗効果によって魅力的であるはずのMacBookの評価は損なわれるのだろうか。本稿では、それを検証したい。

構造とデザイン

       1|2|3|4 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...