2016年05月18日 07時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」を諦めた人に贈る「Mac」「デスクトップLinux」活用ガイド管理方法やオフィススイートの代替策も紹介(1/2 ページ)

Windowsは確かに頼りになるが、Appleの「OS X」やLinuxにも捨て難い魅力がある。複数OSの管理に消極的な管理者もいるだろうが、OS XとLinuxを取り巻く現状を知れば、その考え方が変わるかもしれない。

[Kim Lindros, Ed Tittel,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | OS | Windows | Apple | Linux | Mac


MacBook (TechTargetジャパン記事「徹底レビュー:『新しいMacBook』は『Air』を超える? 気になる点を辛口評価」より)《クリックで拡大》

 Microsoftの「Windows 10」はいずれ恐らく、最も普及率の高いデスクトップOSになるだろう。だがAppleの「Mac」シリーズが搭載する「OS X」や、オープンソースソフトウェア(OSS)の「Linux」にもそれぞれ、企業において本領を発揮できる場所がある。

 Linuxは世界中の多くのサーバで稼働するが、デスクトップPCでLinuxを使っているのは主に学者や研究者、開発者などに限られる。Amazon.comやGoogleは、多くのビジネスプロセスの処理にLinuxを使用している。米国防総省の職員は、オフィス以外の場所ではCDやUSBメモリに入れたLinuxベースのOSを使い、クライアントPCからセキュアなネットワークへログインしている。

“Windows一強”に風穴か

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...