2017年04月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイル戦略でよくある5つの失敗「iPhone」「Android」デバイスに“こだわり過ぎる人”はモバイル戦略に失敗する? (1/2)

「iPhone」や「Android」スマートフォンなどのモバイルデバイスが企業内に普及する一方、モバイル戦略を進める多くの企業が困難に直面している。こうした企業は何を間違えてしまったのか。

[Steve Damadeo,TechTarget]

関連キーワード

Android | Amazon | アプリケーション | iPhone


画像 モバイル戦略に失敗しないために避けるべき落とし穴とは

 自社でモバイル戦略を推進するIT管理者は、うんざりするほど多くのわなが潜んでいて、無限に落とし穴があるように感じているかもしれない。もちろんモバイル戦略の落とし穴に、流砂、ガラガラヘビ、ワニが潜んでいるわけではない。だがモバイル戦略を進めようにも、うまくいかないともがいているIT管理者にとっては、同じくらいのストレスを感じるものだ。

 企業がモバイル戦略を打ち出す際によく犯す5つの失敗と、その回避策を確認しよう。

失敗1:定義と伝達の不足

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...