2017年06月20日 05時00分 UPDATE
特集/連載

今、企業のCTOが欲しい人材「クラウドセキュリティ最高責任者」が次の花形に、求められるスキルとは? (1/2)

ハッカーがメディアで取り上げられるようになり、最高情報セキュリティ責任者(CISO)という役職に注目が集まっている。現在クラウドプロバイダーは、今までと微妙に異なるIT人材を求めるようになっている。

[Jason Sparapani,TechTarget]

 クラウドプロバイダーに勤め、商用サービスにセキュリティを組み込み、顧客企業のセキュリティ担当者と共に、侵入者や悪質なランサムウェアといった脅威から顧客のシステムを守るサイバーセキュリティの上級職を何というかご存じだろうか。

 モバイルマーケティングのスタートアップ企業であるSessionMの共同設立者で、最高技術責任者(CTO)を務めるスコット・ウェラー氏によれば、その呼称は「クラウドセキュリティ最高責任者」だという。同氏は、いまだ確保できないSessionMのクラウドセキュリティ最高責任者の募集要綱作成にかかりきりだ。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...