2017年10月16日 05時00分 公開
特集/連載

ビデオ通話に重点「Skype for Business Online」の「Microsoft Teams」移行に色めき立つパートナー企業

MicrosoftはSkype for Business OnlineをMicrosoft Teamsに統合する計画を発表した。同社のパートナー企業は早速、関連製品を公開している。

[Katherine Finnell,TechTarget]
Skype for BusinessとMicrosoft Teamsの今後に関するMicrosoftの説明文《クリックで拡大》

 Microsoftは、「Microsoft Teams」とクラウド、そして相互運用性に重点を置くため、コラボレーション製品群のロードマップを書き換えてきた。その結果、同社パートナー企業の多くは、このMicrosoftのロードマップを活用して新しい統合を生み出し、サービスを提供している。

 先日開催されたカンファレンス「Microsoft Ignite」では、複数のMicrosoftのパートナー企業がビデオ会議に焦点を当てた「Skype for Business Online」とMicrosoft Teamsとの統合製品を発表した。これらの統合製品は、相互運用性の確保とユーザーエクスペリエンスに焦点を当てている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...