2018年04月05日 05時00分 公開
特集/連載

機能と用途を探るビジネス向けチャットbotに何ができる? どう使う?

かつて「AOL Instant Messenger」などで人気を集めたチャットbotだが、今度は企業の業務用モバイルアプリで活躍の場を広げそうだ。

[TechTarget]
チャットbotの可能性は?《クリックで拡大》

 チャットbotというと、Microsoftの「Officeアシスタント」だった「クリッパー」や、ActiveBuddyの「SmarterChild」、MicrosoftのAI「Tay」のように紆余(うよ)曲折のあった印象が強いかもしれないが、企業の現場ではこれからさまざまな使い道がありそうだ。

 チャットbot(または単にbot)はユーザーとアプリが双方向に対話できるユーザーインタフェースだ。自然言語による入力に対応したり、機械学習や人工知能でコンテクスト情報を判断したりできるものもある。

 チャットbotはここ数年、良くも悪くも話題に取り上げられているが、その基本的な機能は、ビジネスユーザーに役立つアプリやユーザーインタフェースの一種と見なすことができる。

チャットbotの構成要素

 同じチャットbotでも、シンプルなものから複雑なものまで、さまざまなタイプがある。

 音声入力対応チャットbotには音声認識エンジンが必要だ。機械学習により音声をテキストに変換する技術は向上したが、音声をそのまま文字にするだけの単純なチャットbotもある。文字入力のみのチャットbotの場合は、音声から文字への変換は必要ない。

 自然言語処理機能を備えたタイプもある。何通りもの言い方からその意味を推論し、アプリケーションが認識できる形式に変換する。また、高度なアルゴリズムや機械学習、人工知能でコンテクスト情報を強化するものもある。

 こうした要素は、クライアント/サーバアプリケーションのライブラリや、クラウドサービスのAPIなどの形で提供する。

 これらをバックエンドで統合する方法は他のアプリケーションの場合と同様だ。抽象化層、サービスとしてのモバイルバックエンド、高速モバイルアプリ開発技術など、エンタープライズモバイルアプリ開発で使う手法の多くがチャットbotの統合にも使われる。

 チャットbotのクライアントには、モバイルアプリやWebサイトを利用できる。「Facebook Messenger」「Slack」「Twitter」、SMSなどのサードパーティーアプリからも使える点がチャットbotの大きな特徴だ。

独自のチャットbotの作成

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

アクセンチュアが提唱、成果を出すためにB2Bマーケターは「やりたいこと」をいったん捨てよ
アクセンチュアの矢野一路氏による講演「デジタル化の未来と求められる営業・マーケティ...

news023.jpg

ミニマリストの消費行動、「持たない人」の特徴とは?――リサーチ・アンド・ディベロプメント調べ
リサーチ・アンド・ディベロプメントは、首都圏在住の生活者へのアンケート調査を基に「...

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。