2018年06月22日 05時00分 公開
特集/連載

デスクレスワーカーをどう定着させるか人事支援モバイルアプリが社員の離職を防ぐ (1/2)

従業員エンゲージメントが重要視されている今、従業員が普段使っているアプリケーション以上の価値を人事(HR)モバイルアプリケーションが提供しなければならない。

[Mark Feffer,TechTarget]
画像 従業員満足度にモバイルアプリが影響する

 切迫する労働市場、人事分野でのモバイル技術の利用増加、社内にデスクを持たない従業員(デスクレスワーカー)の定着など雇用に関する状況は変化している。その変化に伴い、これらの問題は従業員エンゲージメント(従業員が会社へ自発的に貢献したいという意欲)と同じくらい重要であるという認識が広まっている。

 雇用主は、従業員を会社につなぎ留めようとするプレッシャーを抱えている。米国の調査では2018年4月の失業率は3.9%に低下し、過去17年間で最も低い。HRに関する調査情報を提供するFuture WorkplaceとHRテクノロジーベンダーKronosによる2017年の調査によると、87%の雇用主が、従業員の定着率の改善が最も重要な優先事項である、と答えている。

 ジョブホッピング(常習的な転職)は過去最高を記録し、HRサービスを提供するADPの調査によると、従業員の42%が転職の話に耳を傾けるという。そう話すのは同社の戦略アドバイザリーサービス担当副社長、スーザン・ハノールド氏だ。同氏は、従業員を教育し、エンゲージメントを高め、生産性を維持することがこれまで以上に重要になっている、と語る。

 CultureIQのストラテジスト(投資戦略家)であるリア・アブラハム氏は「従業員エンゲージメントは、小売店の販売員、倉庫作業者、トラック運転手、看護師など特定の場所や会社の電子メールアドレスを持たない従業員などの離職率に顕著な影響を及ぼす」と述べる。同社では、クライアントが遂行する企業文化に関わる戦略の評価と立案作業の支援をしている。同氏は、単純労働従事者を雇用する会社や飲食店のようなデスクレスワーカーを雇用する業界での離職率は高い、と指摘する。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。