2018年08月28日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoft Graph APIで管理が容易にOffice 365のスマホ、タブレット利用が増加 管理についても考えよう

エンタープライズモビリティー管理(EMM)との連携で、モバイルデバイス向けOffice 365アプリケーションは以前より管理しやすくなった。Office 365のセキュリティを効果的に強化する戦略とは。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 「Office 365」は多くのエンドユーザーにとって不可欠なビジネスツールだ。仕事にモバイルデバイスを使う従業員が増えるにつれ、Office 365のモバイル利用をIT部門が効果的に管理する重要性も一層増していく。

 Microsoftの収益報告書によると、2017年10月時点でOffice 365の月間アクティブユーザー数は1億2000万を超えている。2016年時点ではOffice 365モバイルアプリのダウンロード数は3億4000万だった。ここから、非常に多くのユーザーがOffice 365のタスクの実行にモバイルデバイスを利用していることがうかがえる。こうした高い導入率を見ると、IT部門がモバイルのOffice 365の管理に頭をひねるのは当然といえる。

Officeモバイルアプリの最近の変化

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...