「レセプトコンピュータ」の事例、比較、解説記事を総まとめ

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、レセプトコンピュータに関する事例、比較、解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

レセプトコンピュータ関連の解説

医療現場の「働き方変革」を加速する2018年度診療報酬改定 鍵は「医療クラーク」か

2018年度の診療報酬改定の基本方針に「働き方改革」のテーマが盛り込まれています。これを機に医師事務作業補助者(医療クラーク)の配置、活用が期待されています。

(2018/2/14)

トランプ政権と医療ITの未来を予想する人々 「オバマケア撤廃」の影響は?

次期トランプ政権の下で米国の医療ITの将来はどうなるのか。医療ITの専門家が先行きを展望し、医療ITが果たすべき役割をあらためて解説する。

(2016/11/25)

「病院の予約もチャットボットにおまかせ」な時代は本当に来るのか

医療機関において、予約調整、医療費請求、決済処理といった管理業務に医療用の「bot」を使うことで、さまざまな場面で業務負担が減り、人員のリソースを節約できるかもしれない。

(2016/6/3)

2014年度診療報酬改定で診療所のデジタル化が加速する

いよいよ間近に迫った2014年度診療報酬改定。診療所の経営に影響を与えると予想される改定項目の中から、特にIT化で注目すべきポイントを解説する。

(2014/2/6)

注目の解説記事一覧へ

レセプトコンピュータ関連の事例

病院だけでなくクリニックの受付も完全自動化する日は近い?

近年、受付に自動再来受付機や自動精算機を導入している大病院は珍しくなくなりました。レセプト業務も自動化が進み、医療機関の受け付け業務はコンピュータに置き換わりつつあります。

(2018/4/25)

医療現場にITが浸透しない理由――新しいシステムへの恐怖はなぜ生まれるのか?

医療現場でIT製品の導入を進めようとすると、スタッフから否定的な意見が上がることが少なくない。この「IT化への恐怖」の根源は何だろうか。

(2016/11/28)

2016年度診療報酬改定、「医師事務作業補助体制加算」で勤務医は楽になるか?

「医師事務作業補助体制加算」の導入が医師の負担軽減に一定の効果が見られるというアンケート結果を受け、2016年度改定で同加算の見直しが行われる。具体的な変更点はどのようなものだろうか?

(2016/4/20)

中小規模病院や診療所で電子カルテがそれほど普及しない理由

中小規模病院と既存の診療所における電子カルテ普及率は3割程度にとどまっている。なぜ普及が遅れているのか。その理由を考察する。

(2016/1/21)

注目の事例記事一覧へ