2006年11月06日 00時00分 公開
info Center

情報系アプリケーション特集サイト

Outlook 2007からGroove 2007、SharePoint Server 2007まで、あなたの会社のコラボレーションスタイルやコミュニケーションスタイルを大きく改善すると言われる、マイクロソフトの新ソリューションを一堂に紹介する。

[TechTarget]

Microsoft Office SharePoint Server 2007速報 第2弾

SharePoint Serverが利便性や生産性の向上を可能にした環境基盤を実現

「Microsoft Office SharePoint Server 2007」は、組織と個人の生産性とコラボレーションを促進するプラットフォームとして大きく進化した。エンタープライズ向けの機能が追加されたほか、個人の生産性向上をキーワードに、情報共有環境に対しても新機能の追加や機能強化がされている。新しいSharePointの内容を見てみよう。


Microsoftが情報共有のあり方を変える

Office 2007/Exchange 2007 が変えるコミュニケーションとコラボレーションのスタイル

約11年ぶりの同時出荷となるWindows Vistaとthe 2007 Microsoft Office system。そしてマイクロソフトの企業向け製品ラインアップ上、欠かすことのできないExchange Server 2007もほぼ時を同じくして出荷を予定している。ビッグローンチイヤーである今年、マイクロソフトは企業のコラボレーションスタイルやコミュニケーションスタイルを、どのように変え、どこに向かおうとしているのだろうか。


Microsoft Office SharePoint Server 2007速報

コンプライアンス対応可能な情報共有を実現する「SharePoint Server 2007」

「Microsoft Office SharePoint Server 2007」は、これまでのSharePointをベースに、さらなる個人の「生産性向上」を目的に開発された製品だ。近年のビジネスシーンにマッチする、さまざまな機能の追加と強化の実態を追う。


Microsoft Exchange Server 2007速報

高可用性を実現した最新の「Exchange Server」を追う!

近年需要が増え続けている電子メールによる情報共有。それらを管理するために欠かせないのがメッセージングに特化した「Microsoft Exchange Server 2007」だ。同製品は前バージョンと比べ周辺製品をフル活用するための機能の改善と追加が行われたという。ここでは、その導入のメリットを紹介していこう。


Microsoft Office Groove 2007速報

グループウェアに新旋風!? 情報共有のあるべき姿を「Groove」に凝縮

社内外におけるコラボレーションをワークスペースという機能を用いて円滑にこなすことができる情報共有ツール「Microsoft Office Groove 2007」。すでに発表されている米国では高い評価を得ており、これまでのコラボレーションツールに比べ、スピーディーに情報共有環境を実現できる要素を備えているのが大きな特長だ。その気になる内容を見てみよう。


Microsoft Office Communicator 2005超入門

電子メールからIP電話までを一元管理する「Office Communicator」の魅力

社内外におけるコラボレーションをワークスペースという機能を用いて円滑にこなすことができる情報共有ツール「Microsoft Office Groove 2007」。すでに発表されている米国では高い評価を得ており、これまでのコラボレーションツールに比べ、スピーディーに情報共有環境を実現できる要素を備えているのが大きな特長だ。その気になる内容を見てみよう。


Microsoft Office Outlook 2007速報

メッセージクライアントの定番「Outlook」が大幅強化!

Outlookといえばメッセージクライアントの代表格で、その使いやすさとWindowsライクな操作感から、高い人気を誇る製品だ。実際、スケジュール管理やメーラーとして利用しているユーザーも多く、今回発表された新バージョンの進化のほどは見逃せない。