アプティ、コンパクトなWindows CE版シンクライアントを発表NEWS

Windows CE 5.0を搭載することで低価格を実現し、機能の制限により管理の手間を抑えたシンクライアント「SecureTerminal T300E」を発表

2007年11月21日 19時21分 公開
[TechTarget]

 アプティは11月21日、同社シンクライアントシリーズのラインアップ強化として、デスクトップ型コンパクトサイズのWindows CE版シンクライアント「SecureTerminal T300E」を発表した。

 液晶モニタ(VESA規格)の裏面に取り付け可能なコンパクトサイズで、同社従来機に比べ約3分の1となる6.5Wの省電力を実現したという。IBM HOSTのエミュレータを標準搭載(TN3270E/TN5250E)し、IBM3477といったホスト専用端末としての使用が可能。クライアントとしてマイクロソフトのターミナル サービス、Citrix Systemsの「Citrix Presentation Server」、GraphOnの「GO-Global」、Propalmsの「Propalms TSE」、2X Softwareの「2X ApplicationServer」といったSBC(サーバベースコンピューティング)に対応する。また、無償の管理ツールによりリモート操作での集中利用も可能となっている。出荷開始は12月18日を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...