日本HP、通信事業者向けのキャリアグレード・プラットフォームを発表NEWS

通信事業者や通信機器メーカーのニーズに合致する、耐震性や直流電源に対応したキャリアグレードの新製品でネットワーク領域に本格参入

2007年12月11日 18時50分 公開
[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは12月11日、IPベースの次世代ネットワーク(NGN)、耐震性や直流(DC)電源に対応したキャリアグレードの新製品「HP BladeSystemキャリアグレード・プラットフォーム」を発表した。

 本製品は、「HP BladeSystem c7000キャリアグレード エンクロージャ」「HP BladeSystem BL460cキャリアグレード サーバブレード」「HP Virtual Connectアーキテクチャ」によって構成され、通信業界のインフラに必要な信頼性とパフォーマンスを汎用ブレードサーバで実現したという。

 エンクロージャはケーブルや電源装置、ファン、ネットワーク装置、冗長システムなどのコンポーネントを含むインフラを1つの筐体に収め、最大16枚のサーバブレードを搭載可能。サーバブレードは2基のプロセッサを搭載し、ホットプラグSASドライブ、複数のI/Oカードの同時サポート、拡張リモート管理を組み合わせている。HP Virtual ConnectアーキテクチャはLANとSAN環境への接続が単純化されており、サーバリソースの構成変更の際のコスト削減を実現できるとしている。

 価格は300万5100円(税込)から。12月17日より販売を開始し、2008年1月上旬の出荷開始を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。