日本HP、HP Integrityサーバ製品に新デュアルコア Itanium プロセッサを搭載NEWS

フロントサイドバスの高速化、DBSによる省電力機能の強化が図られた新デュアルコア Itanium プロセッサの搭載により、パフォーマンスの向上、消費電力の削減が可能に

2007年11月09日 18時04分 公開
[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは11月8日、「HP Integrityサーバ」の全ラインアップに最新のデュアルコア インテル Itanium プロセッサを搭載した新製品の販売開始を発表した。フロントサイドバスの高速化や、Demand Based Switching(DBS)による省電力機能の強化が図られたItanium プロセッサ9100番台(コードネーム : Montvale)を全HP Integrityサーバに搭載。パフォーマンスの向上と消費電力の削減を実現した。DBSは、プロセッサに負荷がかかっているときは通常通りに動作し、負荷の低いときは消費電力を抑える機能。

 既存のHP Integrityサーバも最新のプロセッサへアップグレードできるため、今までの投資を保護しつつ最新テクノロジを導入できるという。「HP Integrity Superdome/rx8640/rx7640/rx6600/rx3600/rx2660」は同日より販売開始、「HP Integrity BL860c」は12月1日販売開始予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。