2008年02月29日 20時34分 公開
ニュース

システムエグゼ、DB開発検証用データを安全に作成するソフトを発売NEWS

自動解析機能により情報漏えいリスクを回避しながら、本番データを使用したテスト・検証と同等の成果を得ることができ、リポート機能では置換処理の内容を文書化して内部監査などに使用可能。

[TechTarget]

 システムエグゼは2月29日、データベース開発における疑似データ作成および報告書発行ツール「DB Secure Utility」を発表、同日よりOracle DB対応版の発売を開始した。

 本製品は、データベース開発において、機密情報を含む本番データを使用するのと同等の精度の高いテスト/検証を可能にするユーティリティソフトウェア。「疑似データ変換機能」と「自動解析機能」により、個人情報が含まれる本番データからテスト/検証用の疑似データを安全に自動作成できる。

 疑似データ変換機能は、従来の単純なマスキング変換とは異なり、自動解析機能により元データの文字列の意味を解釈し、個人情報と判断されるテーブルの氏名、住所、電話番号などの情報を類似した内容の文字列に置換する。また、「レポート発行機能」により置換処理の内容を文書化でき、内部監査などに使用可能だ。

画像 データ変換画面。疑似データ、マスキング、ランダム変換、無変換の4つを選択可能。また、ユーザー定義によるカスタマイズ設定にも対応している《クリックで拡大》
画像 データ変換画面。変換処理時に指定された対象テーブル情報、変換方式詳細情報、および出力データ件数を報告書の形式で出力する《クリックで拡大》

 販売価格はサーバライセンス480万円(税抜き)で、レンタル価格は年間タームライセンス200万円(税抜き)。同社は今回発表されたOracle DB対応版以外に、今後「IBM DB2 UDB」「Microsoft SQL Server」対応版も開発予定としている。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...