GCI、PCサーバベースの「純国産」文書検索アプライアンスをレンタル提供NEWS

NECとの連携により、高機能な文書検索システムを月額10万円で提供。運用・保守の一元サポートも行う。

2008年03月04日 19時34分 公開
[TechTarget]

 グローバルコミュニケーションズ(GCI)は3月4日、社内文書検索ソフトウェア「FileFinder」にNECのPCサーバ「NEC Express5800」シリーズを組み合わせ、検索アプライアンスとしてレンタル提供を開始した。

 FileFinderは、複数拠点で管理されているファイルサーバ上の業務文書をクローリングし、Webブラウザを通した横断検索を可能にする文書検索ソフトウェア。GCIが開発した純国産検索エンジン「Jieks」をコアエンジンに採用している。また、検索した結果に対してサーバやフォルダ、文書形式、更新日付などを条件指定することで自在な絞り込みが可能。

 あらかじめソフトウェアをセットアップした検索アプライアンスを社内に設置するだけで利用できる。また、ユーザー企業で用意したハードウェア機器を活用する場合は、専用ソフトのセットアップウィザードに従って設定するだけで導入が可能だ。

 利用に関してはサポート窓口を一元化しており、ソフトウェア/ハードウェア機能の区別なくGCIが一次窓口となって対応する。利用料金はソフト/ハード込みで月額10万円から、2年目以降は5万円から(ともに税抜き)となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...