GCI、複数拠点のファイルサーバを一元的に検索できる文書検索ソフトウェアを発売NEWS

複数拠点のファイルサーバに格納されている業務文書をWebブラウザで一元的に検索できる「Jieks FileFinder」を発売。同社開発の検索エンジン「Jieks」による検索の高速性が特徴

2007年12月19日 17時23分 公開
[TechTarget]

 グローバルコミュニケーションズ(GCI)は12月19日、ファイルサーバ上の業務文書を検索する文書検索ソフトウェア「Jieks FileFinder」の販売を開始した。

 本製品は、人のあいまいな記憶に基づく検索操作とシステム的な検索処理の双方の利点を生かせる「表示形式」と、同社開発の検索エンジン「Jieks」による検索の高速性が特徴だという。

 複数拠点のファイルサーバに格納されている業務文書をWebブラウザで一元的に検索できるほか、検索結果に対しサーバやフォルダ、文書形式、更新日付などを指定することで文書の絞り込みが可能。また、アプリケーションを起動せずWebブラウザで文書の内容を閲覧できる「プレビュー機能」や、PDFファイルの該当ページだけを抜粋し検索キーワードをハイライト表示する「PDFハイライト機能」などの各種機能を搭載している。初期導入費用は、最小構成で80万円から。

 現在、社内ファイルサーバ上のファイルを検索対象としているが、2008年春ごろをめどにローカルPC上の文書を同時検索できる機能を追加リリース予定としている。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。