2008年03月24日 19時19分 UPDATE
ニュース

NEWSランクスがSalesforceでコールセンター構築、対応コール数を40%向上

インバウンド中心の営業をSalesforceによりアウトバンド化、コールセンターを低コストで構築し、オートビジネス事業の全業務で活用することで年間売上高が3倍以上になったという。

[TechTarget]

 セールスフォース・ドットコムは3月24日、ランクスが中古車の買取や輸出を行うオートビジネス事業において「Salesforce」を中心としたコールセンター構築に取り組み、24時間で稼働開始したと発表した。

 ランクスでは従来、インバウンドの営業を中心に業務を行っていたが、2007年11月にアウトバウンドのコール業務開始を目的にSalesforceを中心としたコールセンターを立ち上げた。コールセンターの構築にはSalesforceに加え、20席程度であれば設定も含めてわずか1日で構築作業を完了できるジェイリンクの連携ソリューション「LUTi IP-CallCenter for AppExchange」と、コールセンターの事業所に一般電話回線を一切引くことなく運用できるフュージョン・コミュニケーションズのIP電話サービス「FUSION IP-Phone」を活用した。

 当初はシステムの自社開発なども検討したが、低予算で利用開始できること、業務変化への柔軟性などを考慮し、Salesforceの導入を決定したという。その後、段階的に活用範囲を拡大し、現在ではオートビジネス事業の営業、事務、契約管理など、ほぼすべての業務をSalesforceで管理している。

 ランクスは本システムの導入効果として、1時間での対応コール数が40%向上し、対応漏れによる営業の機会損失が99%減少、事務的業務にかかる時間は半分になったとしている。また、顧客とのやりとりの正確な管理により、契約成立後のキャンセルは1%以下の確度を達成しているという。ランクスの2007年度の売上高は4.5億円で、対前年度(1.2億円)で約300%増と急拡大している。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...