2008年03月31日 18時08分 公開
ニュース

アドビ、適正なソフト資産管理の支援プログラムを開始NEWS

ソフトウェア投資効果を最大化させることを目的に、アドビ製品のユーザー企業、組織を対象に最適なソフトウェア資産管理(SAM)プログラムを提供する。

[TechTargetジャパン]

 アドビ システムズは3月31日、同社製品のユーザー企業および組織を対象に、SAM(Software Asset Management:ソフトウェア資産管理)支援活動の本格展開を発表した。これは、最適なソフトウェア資産管理を実施することで、資産管理の負荷を軽減したりユーザーのソフトウェア投資効果を最大化することを目的としたもの。

 具体的には、同社がユーザー企業の体制に応じて最適なSAMを提案する「アドビ ライセンシングコンサルティングサービス」、ユーザー企業が同社のパートナー各社から適切なSAM実行の支援を受けられる「SAMパートナープログラム」、ソフトウェア資産管理コンソーシアムが策定した基準に準拠し、同社社製品に関するSAMを実施した企業や組織が適切にSAMを実行する体制が整備されているかを同社が認証する「アドビSAM認証プログラム」を提供する。

 また、SAMに関するセミナー情報、SAMの導入事例紹介、自主調査支援などSAMを行うために必要な資料、SAM実行に関する情報を提供する「アドビSAM News Letter」を発行。さらに、SAM支援の専用窓口を拡充し、積極的な支援活動を展開するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...