2007年04月06日 05時00分 公開
特集/連載

整備が進むXML Webサービスのセキュリティ基盤Column

Webサービスに取り組んでいる開発者にとって、標準化団体のW3CとOASISが定義するWebインタフェースと仕様をサポートするのが賢明だろう。

[Ed Tittel,TechTarget]

 アプリケーション開発の動向を少しでも追っている人なら、Webサービスが開発の世界で急速に注目され、まさにホットな分野となっていることは誰もが知っている。Webサービスは新たな展開の(そして投資の)焦点であり、アップルからゼンドまで、あらゆるベンダーがのめり込んでいるというわけではないものの、マイクロソフト、IBM、サン・マイクロシステムズをはじめ多くの企業が、この分野のビジネスで大きなテリトリーを獲得しようとしのぎを削っている。

 だが、あなたがインターネットでWebサービスを公開しているとして、そのプラットフォームにどのベンダーの技術を使っているかは、ほかのWebサービスからは認識されないかもしれない。しかも、あなたのWebサービスは、対応するあらゆるWebサービスからいつでもアクセスされる可能性がある。このため、相互運用性、情報交換、信頼性が、極めて重要になっている。また、インターネットでは、インタフェースやアプリケーションの設計上の小さな欠陥が、ほかの環境の場合よりも高い確率で、過酷で容赦のない現実の洗礼を受けている(多くの場合、その結果は深刻なものとなっている)。バッファオーバーフローや、入力チェックの欠如、ユーザーの意図や能力についての想定の甘さのせいで、安全と思われているインフラやOS、実行環境、アプリケーションに、ぽっかりと穴が開く事態が頻発している。インターネットでは、誰もがこうしたセキュリティ問題を共有している。

 こうした中、標準化団体のW3COASISは協力して、Webサービスのセキュリティの向上を目指し、高機能で優れたWebインタフェースと仕様の定義を精力的に進めている。それらの例には以下のようなものがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...