2008年05月09日 20時43分 公開
ニュース

リコーとネオジャパン、複合機とグループウェアをデータ連携させる接続ソフトを発表NEWS

デジタル複合機「imagioシリーズ」を「desknet's」のクライアントとして活用し、PCを介さずにドキュメントの登録や印刷などが行える連携システム「desknet’s for imagio」を販売する。

[TechTargetジャパン]

 リコーとネオジャパンは5月9日、リコーのデジタル複合機「imagioシリーズ」とネオジャパンのグループウェア「desknet's」を連携する「desknet's for imagio」を発表した。5月12日に販売を開始する。

 desknet's for imagioは、imagioシリーズをdesknet'sのクライアントとして活用し、PCを介さずにドキュメントの登録や印刷などが行える連携システム。imagioでスキャンしたドキュメントを操作パネルからdesknet'sの文書管理機能の任意フォルダに直接登録できる。また、desknet’sの月次カレンダーをPCを介さずにimagioシリーズから直接印刷することが可能だ。

 desknet's for imagioを利用できるimagioシリーズは、「imagio MP C2500」および「imagio MP C3000」。なお、desknet's for imagioを利用するにはdesknet'sスタンダード版が必要。desknet's for imagioの接続ライセンス価格は5万2500円/台(税込み)。

関連ホワイトペーパー

グループウェア | 文書管理 | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...