2008年05月09日 20時43分 UPDATE
ニュース

NEWSリコーとネオジャパン、複合機とグループウェアをデータ連携させる接続ソフトを発表

デジタル複合機「imagioシリーズ」を「desknet's」のクライアントとして活用し、PCを介さずにドキュメントの登録や印刷などが行える連携システム「desknet’s for imagio」を販売する。

[TechTargetジャパン]

 リコーとネオジャパンは5月9日、リコーのデジタル複合機「imagioシリーズ」とネオジャパンのグループウェア「desknet's」を連携する「desknet's for imagio」を発表した。5月12日に販売を開始する。

 desknet's for imagioは、imagioシリーズをdesknet'sのクライアントとして活用し、PCを介さずにドキュメントの登録や印刷などが行える連携システム。imagioでスキャンしたドキュメントを操作パネルからdesknet'sの文書管理機能の任意フォルダに直接登録できる。また、desknet’sの月次カレンダーをPCを介さずにimagioシリーズから直接印刷することが可能だ。

 desknet's for imagioを利用できるimagioシリーズは、「imagio MP C2500」および「imagio MP C3000」。なお、desknet's for imagioを利用するにはdesknet'sスタンダード版が必要。desknet's for imagioの接続ライセンス価格は5万2500円/台(税込み)。

関連ホワイトペーパー

グループウェア | 文書管理 | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...