2008年05月09日 20時43分 公開
ニュース

リコーとネオジャパン、複合機とグループウェアをデータ連携させる接続ソフトを発表NEWS

デジタル複合機「imagioシリーズ」を「desknet's」のクライアントとして活用し、PCを介さずにドキュメントの登録や印刷などが行える連携システム「desknet’s for imagio」を販売する。

[TechTargetジャパン]

 リコーとネオジャパンは5月9日、リコーのデジタル複合機「imagioシリーズ」とネオジャパンのグループウェア「desknet's」を連携する「desknet's for imagio」を発表した。5月12日に販売を開始する。

 desknet's for imagioは、imagioシリーズをdesknet'sのクライアントとして活用し、PCを介さずにドキュメントの登録や印刷などが行える連携システム。imagioでスキャンしたドキュメントを操作パネルからdesknet'sの文書管理機能の任意フォルダに直接登録できる。また、desknet’sの月次カレンダーをPCを介さずにimagioシリーズから直接印刷することが可能だ。

 desknet's for imagioを利用できるimagioシリーズは、「imagio MP C2500」および「imagio MP C3000」。なお、desknet's for imagioを利用するにはdesknet'sスタンダード版が必要。desknet's for imagioの接続ライセンス価格は5万2500円/台(税込み)。

関連ホワイトペーパー

グループウェア | 文書管理 | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。