リコーとネオジャパン、複合機とグループウェアをデータ連携させる接続ソフトを発表NEWS

デジタル複合機「imagioシリーズ」を「desknet's」のクライアントとして活用し、PCを介さずにドキュメントの登録や印刷などが行える連携システム「desknet’s for imagio」を販売する。

2008年05月09日 20時43分 公開
[TechTargetジャパン]

 リコーとネオジャパンは5月9日、リコーのデジタル複合機「imagioシリーズ」とネオジャパンのグループウェア「desknet's」を連携する「desknet's for imagio」を発表した。5月12日に販売を開始する。

 desknet's for imagioは、imagioシリーズをdesknet'sのクライアントとして活用し、PCを介さずにドキュメントの登録や印刷などが行える連携システム。imagioでスキャンしたドキュメントを操作パネルからdesknet'sの文書管理機能の任意フォルダに直接登録できる。また、desknet’sの月次カレンダーをPCを介さずにimagioシリーズから直接印刷することが可能だ。

 desknet's for imagioを利用できるimagioシリーズは、「imagio MP C2500」および「imagio MP C3000」。なお、desknet's for imagioを利用するにはdesknet'sスタンダード版が必要。desknet's for imagioの接続ライセンス価格は5万2500円/台(税込み)。

関連ホワイトペーパー

グループウェア | 文書管理 | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...