2008年05月22日 20時29分 公開
ニュース

ブルーチップ、消費者ニーズ分析サービスの質向上に「Dr.Sum EA」を採用NEWS

ブルーチップのサービス導入企業に消費者ニーズのリアルタイム分析を提供するために、国産DWHからウイングアーク テクノロジーズの「Dr.Sum EA」へ移行した。

[TechTargetジャパン]

 ウイングアーク テクノロジーズは5月22日、小売業向け販売促進システムを提供するブルーチップがBIソリューション「Dr.Sum EA」を導入したと発表した。

 ブルーチップは、創業以来独自のポイントシステムを提供し、ブルーチップスタンプや電子ポイントを活用したブルーチップシステムの販売、地域密着型の小売業の経営戦略などを対象としたマーケットリサーチコンサルティングなどを行う、販売促進サービスの老舗企業。ポイントシステムの一環として2007年12月よりDr.Sum EAを導入し、約600万人のポイントシステム利用者のうち約10万人の会員を対象にシステム移行を行った。

 ブルーチップのサービスを導入する企業は、ポイントシステムを顧客の特性に合わせたサービス展開を検討する材料として利用しており、ブルーチップではこれまで消費者ニーズの把握のために国産データウェアハウス(DWH)製品を利用していた。しかし、システム構築/運用に掛かる手間やコストを削減し、リアルタイムでのデータ提供でニーズを的確にとらえるため、システム刷新を検討。DWHを構築するデータ分析ツールとしてDr.Sum EAを採用した。

 採用の理由として、データ処理スピード、コストパフォーマンス、ウイングアーク製品の技術力の高さを挙げている。導入により、加盟企業が消費者動向を素早く把握できるシステムを実現するとともに、ブルーチップの社内システムにおいても営業力強化に貢献するデータ活用環境を実現したとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。