2008年05月12日 18時01分 公開
ニュース

サイベース、ウイングアークら3社が協業、Sybase IQ+Dr.Sumによる大規模DWH構築へNEWS

サイベースの「Sybase IQ」とウイングアーク テクノロジーズ「Dr.Sum EA」を製品連携。データウェアハウス構築に実績のあるNECソフトがインテグレーションを行う。

[TechTargetジャパン]

 サイベース、ウイングアーク テクノロジーズ、NECソフトの3社は5月12日、大規模データウェアハウス(DWH)提供のための協業を発表した。

 サイベースの情報系分析用高速クエリエンジン「Sybase IQ」とウイングアーク テクノロジーズのデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」を製品連携させた、大規模DWHの構築をNECソフトが行う。

 ERPやデータベースなど企業の基幹システムから各種明細データをSybase IQに集め、これをウイングアークテクノロジーズが開発したアダプターを経由してDr.Sum EAと連携。各種チャート、ダッシュボード、リポート、サマリーデータなどの分析結果を出力する。両製品の連携により、企業内に蓄積された膨大なデータを全社規模で活用できる環境を構築するとしている。

 ソリューション内容はSybase IQライセンス、Dr.Sum EAライセンス、両製品の連携アダプター、導入支援コンサルティングを含み、価格は3000万円から。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...