2008年05月12日 18時01分 公開
ニュース

サイベース、ウイングアークら3社が協業、Sybase IQ+Dr.Sumによる大規模DWH構築へNEWS

サイベースの「Sybase IQ」とウイングアーク テクノロジーズ「Dr.Sum EA」を製品連携。データウェアハウス構築に実績のあるNECソフトがインテグレーションを行う。

[TechTargetジャパン]

 サイベース、ウイングアーク テクノロジーズ、NECソフトの3社は5月12日、大規模データウェアハウス(DWH)提供のための協業を発表した。

 サイベースの情報系分析用高速クエリエンジン「Sybase IQ」とウイングアーク テクノロジーズのデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」を製品連携させた、大規模DWHの構築をNECソフトが行う。

 ERPやデータベースなど企業の基幹システムから各種明細データをSybase IQに集め、これをウイングアークテクノロジーズが開発したアダプターを経由してDr.Sum EAと連携。各種チャート、ダッシュボード、リポート、サマリーデータなどの分析結果を出力する。両製品の連携により、企業内に蓄積された膨大なデータを全社規模で活用できる環境を構築するとしている。

 ソリューション内容はSybase IQライセンス、Dr.Sum EAライセンス、両製品の連携アダプター、導入支援コンサルティングを含み、価格は3000万円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。