2008年05月29日 16時53分 公開
ニュース

無線LANで位置追跡や不正検知 シスコが新モバイルソリューションNEWS

既存の無線LANに専用装置を追加する形で端末の位置検知やセキュリティ管理の機能を提供するワイヤレスソリューションを7月にリリースする。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 シスコシステムズは5月29日、無線LAN統合プラットフォーム「Cisco 3300シリーズモビリティサービスエンジン」(以下、MSE)を発表した。同社のモバイル構想「Cisco Mobility」に基づくもので、携帯端末やセキュリティ、ローミングを一元管理できるようにする。7月にリリースする予定。

画像 MSE

 MSEは、企業の無線LAN環境を利用して各種の付加価値サービスをホスティングするアプライアンス型の装置。既存の無線LAN環境に追加してほかのネットワーク機器などと連携させる形で利用し、さまざまなソフトウェアを搭載することでワイヤレスネットワークを強化することができる。ソフトウェアの第一弾として、以下の4製品が提供される。

(1)「Context-Aware Software」

(2)「Mobile Intelligent Roaming」

(3)「Secure Client Manager」

(4)「Adaptive Wireless Intrusion Prevention System」

 まず(1)は、モバイル端末やRFIDタグ、センサーなどから詳細なステータス情報を収集する。位置情報のほか、気温、機器の稼働状況、商品在庫といったコンテクスト情報を取り込み、アプリケーションで共有することが可能。例えば病院では、医療機器がどこで使われているか、今それを扱える医療スタッフは誰かなど、周囲のリソース状況まで把握できるという。

 (2)は無線LAN搭載携帯電話のWi-Fi網、携帯電話網間のローミングをシームレスに行えるようにするもの。社外では携帯電話、社内ではIP対応の内線電話として活用する場合のネットワーク切り替えを支援する。

 (3)はモバイル端末の認証管理やセキュリティ管理を一元化するツール。また(4)は、無線LAN環境にIPS(不正侵入防御)の機能を追加するもので、不正なアクセスポイントの設置や端末の不審な振る舞いを監視し、不正なトラフィックをブロックするとともに、脆弱性の分析や攻撃を受けた際のネットワークの自己修復などを行う。

 各製品のリリース予定は、(1)が7月、(2)と(4)が第4四半期中、(3)が第1四半期中となっている。MSEおよび4つのソフトウェアの価格は未定。なお、MSEを制御する基本ソフトウェア「Unified Wireless Network Software リリース5.1」はMSEと同時に無償提供される。

画像 MSEのソリューション構成
画像 高解像度のIPテレビ会議システムを通じてCisco Motionの狙いを説明するクランツ氏

 同社はMSEを当初は企業向けに販売するが、ソリューションには携帯電話やワイヤレスブロードバンド、RFIDにかかわる製品も含まれるため、キャリア(通信事業者)やサービスプロバイダーとの協業を含めB2C市場にも展開していく考え。「Cisco Motionはインフラの統合、オープンなAPIなどを通してビジネス領域にモビリティを提供しようというビジョン。この“エンタープライズモビリティ”の分野でわれわれはイニシアチブを取りたい」(米Cisco Systemsワイヤレスネットワーキングビジネスユニット マーケティング担当副社長のマチェク・クランツ氏)。

関連ホワイトペーパー

Cisco Systems(シスコシステムズ) | 無線LAN | API | RFID | 認証


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...