WiMAXとは何か――技術とアプリケーション今だからこそのWiMAX基礎知識

WiMAX業界の成長に伴い、WiMAXにまつわる誇大宣伝と混乱も大きくなった。本稿ではまずWiMAX技術とアプリケーションについて解説する。

2008年07月14日 07時30分 公開
[Paul DeBeasi,TechTarget]

 「(WiMAXは)インターネット以来最大の可能性を秘めている」と、米IntelのWorldwide Interoperability for Microwave Access(WiMAX)プログラムオフィス担当ジェネラルマネジャー、スリラム・ビスワナサン氏はかつて言った。これはかなり大胆な発言であり、多くのWiMAX推進者の見解を言い表していた。しかしWiMAX業界の成長に伴い、WiMAXにまつわる誇大宣伝と混乱も大きくなった。

 本稿は、WiMAXについて解説する連載の第1回目となる。まずはWiMAX技術とアプリケーション、用語解説から始めよう。

固定WiMAX

 IEEEは1998年、無線メトロポリタンエリアネットワーク(MAN)の標準仕様を確立する目的で、IEEE 802.16作業部会を設置した。まず意図したのは、高周波数のLOS(見通し内)固定無線接続を使った高速ファイバーアクセスソリューション用途だった。最初の仕様は802.16と呼ばれ、低周波数のNLOS(見通し外)無線接続を介した固定無線ブロードバンドアクセスに対応するものへと進化した。進化した仕様の802.16-2004は、「固定WiMAX」とも呼ばれる。

モバイルWiMAX

 802.16-2004仕様が完成すると、IEEEの作業部会はさらに仕様を進化させてモバイルアプリケーションに対応させる作業に着手した。モバイル通信は固定通信に比べて複雑度が増す。ユーザーが移動しても、接続が途切れることなく1つの基地局から別の基地局へと無線接続を引き継ぐことができなければならない。新仕様の802.16e-2005は2005年12月に完成し、モバイルアプリケーションだけでなくノマディック(公衆無線LAN)と固定アプリケーションにも対応した。802.16e-2005は「モバイルWiMAX」とも呼ばれる。

関連ホワイトペーパー

WiMAX | IEEE | 無線LAN


ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。