2008年06月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

公衆無線LANがワークスタイルを変える【前編】エリア展開、セキュリティ面で着実に進化

外出がちな社員を多く抱える企業にとって、屋外でのアクセス手段は悩みの種。ビジネスの生産性を上げるには、格段にアクセスポイントの増えた公衆無線LANがベストだ。

[池田冬彦]

 この数年で企業のITシステムは格段に進歩し、今や電子メールを核とするメッセージングサービスやグループウェアの停止が即業務停止につながるほど、ITへの依存度は高まるばかりだ。しかし、営業部員や出張がちな社員など、主にオフィスの外で仕事を行うユーザーは、その恩恵を受けるのが難しい。社内へのアクセス手段がなければ、オフィスの最新鋭のITシステムからは隔絶してしまう。

 やはり、社内・社外で働く社員が公平にITインフラの恩恵を享受するためには、屋外でのモバイルアクセスは必須である。この有力候補として浮上するのが、「公衆無線LAN」サービスだ。公衆無線LANサービスは、Wi-Fi(IEEE 802.11a/b/g)のアクセスポイントを駅や地下鉄構内、カフェ、ファストフード店、ホテルなどに設置し、ワイヤレスアクセス手段を提供する。また、東京・秋葉原/つくば間を結ぶ「つくばエクスプレス」のように、列車内インターネットサービスとしての広がりも期待されている。

画像 公衆無線LANが利用できるポイントには、目印となるステッカーが張られている(写真はつくばエクスプレス車内)

関連ホワイトペーパー

無線LAN | IEEE | VPN | NTTコミュニケーションズ | データ通信


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...