2008年10月03日 15時46分 公開
ニュース

中堅・中小企業の帳票アプリシェアはCrystal Reportsがトップ ノークリサーチ調査 NEWS

利用済み・利用予定パッケージシェアは、ビジネスオブジェクツのCrystal Reportsがいずれもトップ。パッケージ満足度はウイングアークのSVFがトップを獲得した。

[TechTargetジャパン]

 ノークリサーチは10月3日、国内中堅・中小企業約7000社を対象に行った、2008年の帳票アプリケーション導入状況に関する実態調査(有効回収票1765件)の分析結果を発表した。

 帳票アプリケーションのパッケージ化率は85.6%と、オーダーシステムの比率を大きく上回った。さらに利用パッケージ別シェアでは、1位のビジネスオブジェクツ「Crystal Reports」が46.7%、2位のウイングアークテクノロジーズ「Super Visual Formade」(以下、SVF)が20.7%と、上位2社で7割近くを占めた。3位には富士通の「InterstageList Creator」(9.6%)が続いている。

画像

 年商規模別の利用パッケージシェアを見ると、年商50億円未満の中小企業クラスではCrystal Reportsが50.0%を占め、以下、SVF(10.3%)、InterstageList Creator(5.1%)と続く。年商50億円以上の中堅企業クラスでもCrystal Reportsが44.5%とトップシェアを獲得し、以下、SVF(26.0%)、InterstageList Creator(10.4%)が続いた。

 一方、パッケージ利用満足度トップはSVFが100点満点中73.7点でトップを獲得。次いでキヤノンの「imageWARE」が73.3点、InterstageList Creatorが72.8点と、3社の差はほとんどない。Crystal Reportsは68.4点で、4位となっている。

画像 帳票パッケージシェアと評価《クリックで拡大》

 利用予定シェアは1位がCrystal Reports(31.8%)、2位がSVF(24.5%)、3位がInterstageList Creator(18.2%)、4位がimageWARE(11.8%)となっている。Crystal Reportsは利用シェアと比べて15%近く下がっているが、2位以下の製品はシェアを上げている。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...