2009年02月13日 08時00分 公開
特集/連載

ディザスタリカバリプランの予算確保のための7つのステップ地震やテロだけがディザスタではない

経営幹部に対し、ディザスタリカバリとは「ディザスタ」に対処するだけでなく、ダウンタイムを引き起こす可能性があるすべての原因に対処することだと理解させる必要がある。

[Forrester Research Inc.,TechTarget]

 Forrester Researchは2008年に発表したディザスタリカバリ(DR)リポートの中で、企業のDRプランのための新規、追加、継続予算を確保するのに必要な7つのステップを示している。

1. 事業継続管理プロセスを実施する

 技術はDR対策をサポートするものであり、それ自体が戦略や計画となるわけではない。技術およびサービスへの予算を要求する前に、DR対策を一時的なイベントとしてではなく、継続的なプロセスとして管理するためのフレームワークを作成する必要がある。

2. ビジネスインパクト分析(BIA)とリスク評価を実施する

 IT部門が予算を要求する前に、IT担当者が経営幹部と会合を開き、自社にとって最も重要なプロセスを特定するとともに、ITリソースの依存関係を明らかにし、ダウンタイムのコストを算出する必要がある。その上で、リスク評価を行い、特定のリスクの確率と頻度を判定する。

3. ダウンタイムのコストを算出する

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...