2009年03月13日 09時00分 公開
ニュース

ディアイティ、VoIPも見える化するネットワークの“健康診断”ツールNEWS

スタンドアロンのLANアナライザソフトの新版がリリース。音声や動画を利用するIPネットワーク環境での通信品質の管理が容易になった。

[TechTargetジャパン]

 ディアイティは3月12日、LANアナライザソフト「OmniPeek」の新バージョン6.0を4月6日より販売すると発表した。データ系だけでなくVoIP(Voice over IP)などの音声系のパケット解析機能が強化されている。

 OmniPeekは、ネットワークの障害切り分けによるトラブルシューティング、サーバのログ収集、ネットワークの通信状況などのヘルスチェックを行う米WildPackets製のアナライザツール。ノートPCなどにインストールして持ち運ぶことができる。スタンドアロンでも利用可能だが、セグメントごとに設置した別売りのパケットキャプチャーエンジンソフトから取得したデータを基に、ダッシュボードインタフェースやリポート出力などの高度な解析機能を提供し、分散ネットワークの統合管理を支援する。

画像 OmniPeek 6.0のコンソール画面《クリックで拡大》

 新バージョンでは、ダッシュボード機能を使ってのVoIP、ビデオ系のパケット解析が可能になった。SCCP(シスコシステムズの独自プロトコル)、H.323、SIPといった呼制御プロトコル、RTSP(Real Time Streaming Protocol)をサポートし、IP電話・ビデオストリーミング利用環境におけるQoS(サービス品質)管理などに役立つ。これまでダッシュボード/リポート機能はデータ系パケット解析にのみ対応していた。

 同社はまた、OmniPeekシリーズのパケットキャプチャー専用アプライアンスとして、有線LAN用の「OmniPliance Network Recorder」および無線LAN用の「OmniRFGrabber」も同時に販売開始する。Network Recorder上位機は10ギガビットイーサネットやMPLSネットワーク、OmniRFGrabberはIEEE 802.11a/b/g/nの各無線LANインタフェースをサポートする。

 価格は、OmniPeek 6.0が21万8000円、OmniPliance Network Recorderが248万円、OmniRFGrabberが28万7000円(すべて税別)。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...