2007年12月13日 19時58分 公開
ニュース

ディアイティ、P2Pネットワーク上に流出したファイルを追跡する新ツールを販売NEWS

P2Pネットワーク上に流出したファイル追跡ツール「P2PChaser」とPCファイルの管理ツール「FileChaser」を販売

[TechTarget]

 ディアイティは12月13日、P2Pネットワーク上に流出したファイルの追跡ツール「P2PChaser」とPCファイル管理ツール「FileChaser」を発表、2008年1月より販売開始する。

 P2PChaserは、P2Pネットワーク上に流出したファイルとその亜種ファイルを追跡し、レポート機能によって状況把握を可能にするツール。

 FileChaserは、クライアントPC内に機密情報関連ファイルがあるかどうかを調査するツール。P2Pソフトウェアの有無を検知し削除する同社の「P2Pクリーナ」を併用することで情報流出の防止・阻止が可能となり、初期段階でのリスク回避を実現できるとしている。

 価格はFileChaserが98万円から、P2PChaserが360万円から。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...