ディアイティ、P2Pネットワーク上に流出したファイルを追跡する新ツールを販売NEWS

P2Pネットワーク上に流出したファイル追跡ツール「P2PChaser」とPCファイルの管理ツール「FileChaser」を販売

2007年12月13日 19時58分 公開
[TechTarget]

 ディアイティは12月13日、P2Pネットワーク上に流出したファイルの追跡ツール「P2PChaser」とPCファイル管理ツール「FileChaser」を発表、2008年1月より販売開始する。

 P2PChaserは、P2Pネットワーク上に流出したファイルとその亜種ファイルを追跡し、レポート機能によって状況把握を可能にするツール。

 FileChaserは、クライアントPC内に機密情報関連ファイルがあるかどうかを調査するツール。P2Pソフトウェアの有無を検知し削除する同社の「P2Pクリーナ」を併用することで情報流出の防止・阻止が可能となり、初期段階でのリスク回避を実現できるとしている。

 価格はFileChaserが98万円から、P2PChaserが360万円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...