2010年01月08日 09時00分 公開
ニュース

三井情報とNECがUC分野で協業、検証ラボや技術者育成にも注力NEWS

三井情報とNECはオフィス向けユニファイドコミュニケーション分野で協業する。NECはMKIにIPテレフォニー製品の提供・技術支援を、MKIはUCオフィスソリューションの販売/システム構築/保守サポートを行う。

[TechTargetジャパン]

 三井情報(以下、MKI)とNECは1月7日、オフィス向けユニファイドコミュニケーション(UC)分野での協業を発表した。同協業に基づくソリューションは両社の販売・サポート網を利用し、2010年2月から提供開始する予定。

 同協業に伴い、NECはMKIに対し、コミュニケーションサーバ「UNIVERGE(ユニバージュ)SV8000シリーズ」やミドルウェア「UNIVERGE OW5000」など、IPテレフォニー製品の提供・技術支援を行う。またMKIは、NECが結成するサポートチーム支援の下、NEC製品のインテグレーションを核としたUCオフィスソリューションの販売/システム構築/保守サポートを行う。

 MKIが提供するオフィス向けUCソリューションは、NECのIPテレフォニー製品「UNIVERGE シリーズ」にマイクロソフトのUC基盤「Microsoft Office Communications Server」を組み合わせて動作検証したもの。電話とPC上のアプリケーションがIPネットワーク上で融合され、業務の効率化/短縮が期待できる。

 MKIは同ソリューションの拡販に向け、検証や障害の切り分けを目的とした「ラボ環境・検証環境」を設置するとともに、システム構築・保守に必要な製品の設定方法などの認定資格「VoIPコンストラクタ」を有する技術者育成に務める。さらに、保守サービスの窓口として24時間365日の受付センターを開設。障害時の一次受け付け/切り分けの実施とエスカレーション管理を行う。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...