ソニックウォール、無線LAN対応モデル含む小規模企業向けUTMを発表NEWS

ソニックウォールは、小規模オフィスに最適なUTMアプライアンスの新製品「TotalSecure TZ 100シリーズ」を発表した。スループットは2.5倍になり、無線LAN対応機種も用意した。

2010年01月22日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 ソニックウォールは1月20日、小規模企業向けUTM(統合脅威管理)アプライアンスの新製品「SonicWALL TotalSecure TZ 100シリーズ」(以下、TotalSecure TZ 100)を発表した。

 現行機種「TotalSecure TZ 180(10ノード)」と比較してサポート可能なノード数が無制限になったほか、標準搭載OSがSonicOS StandardからSonicOS Enhancedへアップグレード。スループットは2.5倍に向上した。

 同社のTotalSecure TZシリーズは、ファイアウォールVPN(IPsec/SSL)、ゲートウェイアンチウイルス、アンチスパイウェアIPS(侵入検知/防御)、コンテンツフィルタリングなど、複数のセキュリティ機能を1台で提供する統合型のセキュリティアプライアンス。初年度分のメーカーサポートとゲートウェイアンチウイルスなどを事前に同梱するため、IT担当者のいない企業でも、手軽にUTMを導入/使用できる点を特長としている。

 販売は正規販売代理店を通じて同日より開始され、出荷時期は第2四半期を予定する。希望小売価格は11万4000円(初年度の保守費用込み、税別)。

 なお、TotalSecure TZ 100シリーズには無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)対応機種も用意されており、2010年春以降に販売が開始される予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...