2010年01月22日 09時00分 公開
ニュース

ソニックウォール、無線LAN対応モデル含む小規模企業向けUTMを発表NEWS

ソニックウォールは、小規模オフィスに最適なUTMアプライアンスの新製品「TotalSecure TZ 100シリーズ」を発表した。スループットは2.5倍になり、無線LAN対応機種も用意した。

[TechTargetジャパン]

 ソニックウォールは1月20日、小規模企業向けUTM(統合脅威管理)アプライアンスの新製品「SonicWALL TotalSecure TZ 100シリーズ」(以下、TotalSecure TZ 100)を発表した。

 現行機種「TotalSecure TZ 180(10ノード)」と比較してサポート可能なノード数が無制限になったほか、標準搭載OSがSonicOS StandardからSonicOS Enhancedへアップグレード。スループットは2.5倍に向上した。

 同社のTotalSecure TZシリーズは、ファイアウォールVPN(IPsec/SSL)、ゲートウェイアンチウイルス、アンチスパイウェアIPS(侵入検知/防御)、コンテンツフィルタリングなど、複数のセキュリティ機能を1台で提供する統合型のセキュリティアプライアンス。初年度分のメーカーサポートとゲートウェイアンチウイルスなどを事前に同梱するため、IT担当者のいない企業でも、手軽にUTMを導入/使用できる点を特長としている。

 販売は正規販売代理店を通じて同日より開始され、出荷時期は第2四半期を予定する。希望小売価格は11万4000円(初年度の保守費用込み、税別)。

 なお、TotalSecure TZ 100シリーズには無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)対応機種も用意されており、2010年春以降に販売が開始される予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...