アシスト、コンテンツ自動作成ツール「Dojo」の新版を発表NEWS

1500社への採用実績を持つコンテンツ自動作成ツールに新機能を追加したメジャーバージョンアップ版「Dojo Version 2.00」を発表。通常料金の半額で新版へ乗り換えできるキャンペーンも実施する。

2010年02月16日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 アシストは2月15日、コンテンツ自動作成ツール「Dojo(ドウジョウ)」の新版「Dojo Version2.00」を発表、同日より提供を開始した。Windows 2000/XP/Vistaで動作し、価格は1ユーザー当たり80万円(税別)から。

 Dojoは、操作マニュアルやITシステム操作教育用のシミュレーション教材など、さまざまな形式のコンテンツを作成できるツール。1500社の採用実績を持つ。起動するとキーボードやマウス手順、操作画面を記憶し、それを基に自動でマニュアル・コンテンツが作成できる。コンテンツは機能変更や画面の差し替えなどの編集が可能。出力形式は、Microsoft Office WordExcelPowerPointに加え、PDF、HTML、Flash、AVIなどに対応している。

 Dojo Version 2.00には、自由なオブジェクト配置ができる「マニュアル・エディター」機能が搭載された。同機能により、企業内の各種文書の書式により柔軟に対応するとしている。さらに、デザインテンプレートも追加され、上質なマニュアルも容易に作成できるという。

 なお、新版への乗り換え料金を通常の半額にする特別キャンペーンが3月末まで実施される。特別キャンペーンでは、Dojoの既存ユーザーに向けてフローティング版ライセンスが提供される。料金は、Dojoスタンドアロン版の1ユーザーからフローティング版の2ユーザーにライセンス追加とバージョンアップを行う場合で20万円から(通常は40万円)。

関連ホワイトペーパー

Excel | PowerPoint | Windows | Windows Vista | Word


ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...