経営層を支援するための統合ソリューション「Oracle Projects」プロジェクト管理ツール紹介:日本オラクル編

プロジェクトの成否がその企業経営に強く影響する場合、そのプロジェクトの状況を正確に把握したいというニーズは、現場だけでなく経営層にも広がる。経営層がプロジェクトに対して的確な判断を下すために必要な機能とは?

2010年02月26日 08時00分 公開
[唐沢正和]

「Oracle EBS」の業務モジュールとして提供

 日本オラクルは、企業の基幹業務を管理する包括的なグローバルビジネスアプリケーション統合スイートとして「Oracle E-Business Suite」(以下、Oracle EBS)を展開している。Oracle EBSは、基幹業務を実行、管理するさまざまな業務モジュールで構成されており、会計から人事、販売、調達、顧客関係管理(CRM)、サプライチェーン計画、生産管理、ガバナンスリスクコンプライアンス(GRC)などの幅広い業務領域をカバーしている。そして、今回紹介するプロジェクト管理製品群「Oracle Projects」もまた、Oracle EBSの業務モジュールの1つとしてその製品体系の中に組み込んでいる。

photo Oracle Projects画面《クリックで拡大》

 とはいえ、Oracle ProjectsはOracle EBSの中に組み込まれたモジュールというわけではなく、単体でもプロジェクト管理ツールとして十分活用できる機能を備えている。同社がOracle EBSの業務モジュールの1つとしてOracle Projectsを提供する背景には、「プロジェクト管理ツールは、現場のプロジェクトマネジャーだけでなく、経営層を支援するためのソリューション」という基本コンセプトがベースにある。

photo 日本オラクルの桜本氏

 同社のアプリケーション事業統括本部 担当ディレクターの桜本利幸氏は「今、多くの企業で課題となっているのが、受注したプロジェクト案件が赤字プロジェクトに陥っていても気が付くまでに時間がかかるという問題だ」と説明する。これは、経営層がプロジェクトに携わる「ヒト、モノ、カネ」の現状をリアルタイムに把握できていないことが原因だという。特に、長引く不況の影響でプロジェクト案件の数が減少し、利益率が低くなってきている。さらに為替や原材料費の変動が激しい環境の中では、大規模かつ長期間のプロジェクトになればなるほど「フロントエンドのプロジェクト管理ツールだけでは、本当の意味でのプロジェクト管理はできない」と桜本氏は指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...