プロジェクト管理とグループウェアを統合した「Time Krei」プロジェクト管理ツール紹介:テンダ編

プロジェクト管理ツールを導入しても実際に使われていない企業では、実績入力が現場の負担になったり、管理者がその実績を管理業務に有効活用できていないことが多い。こうした課題を解決する策とは?

2010年03月23日 08時00分 公開
[唐沢正和]

単に管理ツールを導入しただけでは残業は減らない!?

 プロジェクト管理ツールを導入しても、その後なかなか運用に乗らないという企業は多い。プロジェクトメンバーに対して管理ツールへの進ちょく入力を強制すると、一方的に管理されるだけという意識を持ち、難色を示すメンバーが現れることもある。その場合、やがてそのツールがまったく活用されなくなるという事態に陥りやすい。

画像 テンダの中村氏

 テンダの取締役 市場・製品開発事業本部 本部長の中村繁貴氏は「プロジェクトマネジャーは、メンバーの作業実績を管理するためだけのツールとしてプロジェクト管理ツールを導入するべきではない」と語る。中村氏自身、ある上司との打ち合わせに2時間かかり、その分を補うために残業をしていると、その上司に「なぜ残業をしているのか」と問われ、違和感を覚えた経験があるという。

 中村氏は「1人日8時間のプロジェクトメンバーが別の業務に2時間費やせば、当然その分を残業して補うことになる。しかし、一般的なプロジェクト管理ツールでは、そうした状況を把握することができていない」と指摘する。その上で、こうした課題を解決するためには“より詳細に時間をマネジメントする”ことにあるとし、同社が提供する「Time Krei」ではそれが実現可能だと説明する。Kreiとはエスペラント語で「創造する」という意味があり、つまりTime Kreiとは「時間を創造する」を意味するという。

 ほかのプロジェクト管理ツールとの違いは一体何だろうか? 今回はテンダのプロジェクト管理ソリューションを紹介する。

コンセプトは“時間をマネジメントする”

画像 Time Kreiのメイン画面《クリックで拡大》

 Time Kreiは、先述したように“時間をマネジメントする”というコンセプトの下、プロジェクト管理とグループウェアの機能を1つのシステムに統合している。中村氏は「これらの機能を統合することで、業務にかかる“時間”と“コスト”を、経営者/管理者/従業員という3者の視点で見える化し、企業マネジメントに必要な情報の管理や収集、分析を可能にする」と説明する。

Time Kreiの主な機能
機能名 概要
プロジェクト管理 WBS(作業分解図)管理
WBSテンプレート
個人別作業割り当て状況管理
プロジェクト別費用管理
EVM分析
原価構成比率分析
稼働率分析
グループウェア スケジュール管理
施設予約
作業実績管理
掲示板
回覧板
権限管理

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...