2010年06月25日 09時00分 公開
ニュース

ウイングアーク、.NET Framework環境に対応した帳票出力新製品を出荷開始NEWS

.NET Frameworkに対応する帳票開発に必要な製品を拡充し、帳票出力環境の効率化と短期構築を支援する。

[TechTargetジャパン]

 ウイングアーク テクノロジーズ(以下、ウイングアーク)は6月24日、.NETアプリケーションからの帳票出力を可能にするファイル連携製品「Text Connect for .NET Framework」とそのオプション製品「Text Connect for .NET Framework Utility」の出荷開始を発表した。

 Text Connect for .NET Frameworkは、上位システムで作成された帳票出力データを受け取り、帳票出力実行エンジン「SVF for .NET Framework」に引き渡すことで、コマンド印刷、大量印刷、ラベル出力などをノンプログラミングで行うことができる。また、設定した任意の時間で監視する「タイマー監視」や、データを動的に読み込む「API起動」の機能によって、上位システムの印刷データを実行するタイミングをあらかじめ設定することも可能。さらに、オプション製品であるText Connect for .NET Framework Utilityとの連携により、出力処理状況の確認と簡易的な再印刷を行うこともできる。

画像 システム連携イメージ

 ウイングアークでは、Text Connect for .NET Frameworkは、サーバ側での利用だけでなくクライアント利用もできるため、用途に合わせた最適な運用を図ることができるとしている。Text Connect for .NET Frameworkの販売価格は30万円、Text Connect for .NET Framework Utilityは20万円(いずれも税別、サーバ当たりの価格)となっている。

関連ホワイトペーパー

.NET | 帳票 | サーバ | API | 運用管理


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

外出自粛をきっかけにオンラインで購入した商品は?――アドビが東京都の消費者1000人に調査
東京都の消費者1000人に調査。これまで店舗購入のみだったものが、今後はオンラインと店...

news016.jpg

withコロナ時代のB2Bマーケティング リード獲得に強い「ウェビナー」とは?
展示会への出展やセミナーの開催を制限、または中止せざるを得ない状況が続く中でB2B企業...

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。