日立、最大20拠点接続可能なHDビデオ会議サーバを70万円台で発売NEWS

日立製作所は、中小規模向けビデオ会議サーバ「ビデオサーバS」を発表した。HD画質に対応し、従来製品に比べ小型化、軽量化、省電力化を実現。価格は70万円台から。

2010年07月21日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 日立製作所は7月20日、日立ビジュアルコミュニケーションシステム「NetCS-HD」の製品ラインアップに、中小規模システム向けビデオ会議サーバ「ビデオサーバS」を加えると発表した。6拠点接続可能な標準構成で73万円5000円という低価格設定が特徴。発売開始は8月2日から。

画像 中小規模システム向けビデオ会議サーバ「ビデオサーバS」

 ビデオサーバSは、PC・テレビなどのビデオ会議端末への映像配信、会議拠点や端末などのネットワーク管理を行うHD対応ビデオ会議サーバ。標準構成では6拠点、20端末まで多地点接続可能で、ソフトウェアライセンスの追加により最大20拠点、50端末の同時接続が可能。従来モデルの「小規模ビデオサーバ」と比べて小型化を図り、筐体サイズを約80%、重さを約50%、消費電力を15%削減したという。

 また、USBカメラやマイクスピーカーを使用して既存のPCをビデオ会議端末として利用できるため、初期導入コストの低減を図れる。サーバのシステム設定はWebインタフェースにより行える。加えて、6拠点、20端末の標準構成データが初期設定されているため、システム構築は簡単な作業で済むとしている。

製品の価格と出荷開始時期は以下の通り。

製品名 概要 価格 出荷時期
ビデオサーバS サーバソフトウェア、6拠点同時接続ライセンス、
20端末同時接続ライセンス
73万5000円〜 2010年8月31日

関連ホワイトペーパー

サーバ | ビデオ会議 | 日立製作所 | システム構築


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...