2010年07月23日 00時00分 公開
特集/連載

ホワイトペーパーレビューサーバ仮想化の基礎を知る3つのホワイトペーパー

サーバ仮想化の仕組みやメリットを基礎から解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。仮想環境の設計、構築、管理、運用を効率化する方法について紹介する。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 本稿では、TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から「仮想環境の構築・運用で参考になる」と思われる3つのホワイトペーパーを紹介する。

仮想環境の設計、構築から運用までを一元管理する

ITシステムのライフサイクルにおける仮想化のあるべき姿

画像 ページ数:20、提供:日立製作所

 企業のITシステムは、本番環境においてもようやく仮想化の導入が浸透してきた。しかし、仮想環境のメリットを享受し、本当の意味で活用できるようになるには、まだ解決すべき課題が多い。日立製作所は、ITシステムの設計、構築から運用までを考慮した仮想環境構築方法を提案している。

 今後のクラウド時代を見据えると、企業が独自に構築するプライベートクラウドを利用するにも、データセンター事業者のパブリッククラウドを利用するにも、あるいはクラウドとオンプレミスをハイブリッドで利用するにも、仮想環境への早期移行は欠かせない。企業のITシステムを仮想化し、運用管理者の負担を減らすには、仮想環境の運用サイクル全体を一元管理することが重要だ。

 このホワイトペーパーでは、クラウドコンピューティングと仮想化技術の現状、仮想環境の設計とアプリケーション実行基盤の構築、仮想環境における効率的な運用管理について紹介している。

仮想環境におけるデータ保護を考える

仮想データセンター実現に向けた最新のテクノロジと実装のための計画・構築・管理

画像 ページ数:12、提供:EMCジャパン

 2004年ごろには4台程度しか集約できなかった物理サーバが、現在では30台程度の統合を可能にしている。サーバを構成するCPUやメモリなどの要素技術の性能が飛躍的に向上したためだ。また、ブレードサーバの性能向上や機能の成熟も企業におけるサーバ仮想化を後押しした。

 その結果、仮想化環境のバックアップやデータ保護を、大規模向けに考え直さなければならない時代に入ってきた。

 また、集約が高まったことでサーバやストレージのキャパシティー管理、システムダウン時のリスク回避策がより重要になっている。これらのリスクにどう対応するかが大規模サーバ仮想化の成功の鍵である。だが、多くの考慮すべき事項を運用だけでカバーするのは非常に困難だ。

 このホワイトペーパーでは、仮想環境をうまくコントロールし運用を効率化する技術と、仮想環境の計画・構築・管理の手法について紹介している。

仮想化の基礎を固める

仮想化の新たな経済性

画像 ページ数:23、提供:日商エレクトロニクス

 企業のITインフラが抱える課題を解決する手法として注目を集める仮想化。このホワイトペーパーでは、「抽象化」「カプセル化」「隔離」といったサーバ仮想化の概念、「統合」「プロビジョニング」「ディザスタリカバリ」「ワークロード管理」といった仮想化のメリットを挙げ、仮想化の仕組みを基礎から解説している。

 また、仮想化にはサーバ集約だけではなく、サーバ冗長化の代替やシームレスなサーバ移行など、多くの機能とメリットがある。これらの機能を有し、かつコストパフォーマンスに優れたサーバ仮想化ソフトウェア製品としてXenベースの「Virtual Iron」も紹介している。

 今回紹介したホワイトペーパー以外にも、ホワイトペーパーダウンロードセンターでは、技術文書や製品資料、事例紹介などプロジェクト管理に関するホワイトペーパーを掲載している。ぜひダウンロードしてご活用いただきたい。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | サーバ | 仮想化 | ディザスタリカバリ


ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。