2010年07月26日 09時00分 公開
ニュース

スミセイ情報システムとNEC、住友生命の資産運用システムをクラウドサービス化NEWS

スミセイ情報システムとNECは、金融機関向けクラウドサービスで協業する。協業第一弾として、住友生命の資産運用システムをクラウドサービスとして提供する。

[TechTargetジャパン]

 スミセイ情報システムとNECは、金融機関向けクラウドサービス事業で協業を開始し、住友生命に対し資産運用システムをクラウドサービスで提供すると発表した。住友生命のサービス利用開始時期は2011年9月の予定。

 スミセイ情報システムの、これまで住友生命の資産運用システムで培ったノウハウと、NECのクラウドノウハウを組み合わせ、柔軟な資産運用システムを実現する。住友生命は、システム基盤を自社内に持たずクラウドサービス基盤を活用することにより、を5年間で40%のシステムコスト削減を見込む。

 なお、NECのデータセンターは、災害対策や事業継続対策がなされ、金融系システムガイドラインであるFISC(The Center for Financial Industry Information Systems)安全対策基準にも準拠する。また、NECは本データセンター内に、OMCS(Open Mission Critical System)で培ったSI技術を用いたクラウドサービス基盤を構築しており、信頼性の高いクラウドサービスを提供できるという。

 今後両社はそれぞれの強みを生かし、ほかの金融機関にもクラウドサービスを提供していくという。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。