2010年07月26日 09時00分 公開
ニュース

スミセイ情報システムとNEC、住友生命の資産運用システムをクラウドサービス化NEWS

スミセイ情報システムとNECは、金融機関向けクラウドサービスで協業する。協業第一弾として、住友生命の資産運用システムをクラウドサービスとして提供する。

[TechTargetジャパン]

 スミセイ情報システムとNECは、金融機関向けクラウドサービス事業で協業を開始し、住友生命に対し資産運用システムをクラウドサービスで提供すると発表した。住友生命のサービス利用開始時期は2011年9月の予定。

 スミセイ情報システムの、これまで住友生命の資産運用システムで培ったノウハウと、NECのクラウドノウハウを組み合わせ、柔軟な資産運用システムを実現する。住友生命は、システム基盤を自社内に持たずクラウドサービス基盤を活用することにより、を5年間で40%のシステムコスト削減を見込む。

 なお、NECのデータセンターは、災害対策や事業継続対策がなされ、金融系システムガイドラインであるFISC(The Center for Financial Industry Information Systems)安全対策基準にも準拠する。また、NECは本データセンター内に、OMCS(Open Mission Critical System)で培ったSI技術を用いたクラウドサービス基盤を構築しており、信頼性の高いクラウドサービスを提供できるという。

 今後両社はそれぞれの強みを生かし、ほかの金融機関にもクラウドサービスを提供していくという。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...