2010年07月26日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSスミセイ情報システムとNEC、住友生命の資産運用システムをクラウドサービス化

スミセイ情報システムとNECは、金融機関向けクラウドサービスで協業する。協業第一弾として、住友生命の資産運用システムをクラウドサービスとして提供する。

[TechTargetジャパン]

 スミセイ情報システムとNECは、金融機関向けクラウドサービス事業で協業を開始し、住友生命に対し資産運用システムをクラウドサービスで提供すると発表した。住友生命のサービス利用開始時期は2011年9月の予定。

 スミセイ情報システムの、これまで住友生命の資産運用システムで培ったノウハウと、NECのクラウドノウハウを組み合わせ、柔軟な資産運用システムを実現する。住友生命は、システム基盤を自社内に持たずクラウドサービス基盤を活用することにより、を5年間で40%のシステムコスト削減を見込む。

 なお、NECのデータセンターは、災害対策や事業継続対策がなされ、金融系システムガイドラインであるFISC(The Center for Financial Industry Information Systems)安全対策基準にも準拠する。また、NECは本データセンター内に、OMCS(Open Mission Critical System)で培ったSI技術を用いたクラウドサービス基盤を構築しており、信頼性の高いクラウドサービスを提供できるという。

 今後両社はそれぞれの強みを生かし、ほかの金融機関にもクラウドサービスを提供していくという。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...