2010年07月26日 09時00分 公開
ニュース

スミセイ情報システムとNEC、住友生命の資産運用システムをクラウドサービス化NEWS

スミセイ情報システムとNECは、金融機関向けクラウドサービスで協業する。協業第一弾として、住友生命の資産運用システムをクラウドサービスとして提供する。

[TechTargetジャパン]

 スミセイ情報システムとNECは、金融機関向けクラウドサービス事業で協業を開始し、住友生命に対し資産運用システムをクラウドサービスで提供すると発表した。住友生命のサービス利用開始時期は2011年9月の予定。

 スミセイ情報システムの、これまで住友生命の資産運用システムで培ったノウハウと、NECのクラウドノウハウを組み合わせ、柔軟な資産運用システムを実現する。住友生命は、システム基盤を自社内に持たずクラウドサービス基盤を活用することにより、を5年間で40%のシステムコスト削減を見込む。

 なお、NECのデータセンターは、災害対策や事業継続対策がなされ、金融系システムガイドラインであるFISC(The Center for Financial Industry Information Systems)安全対策基準にも準拠する。また、NECは本データセンター内に、OMCS(Open Mission Critical System)で培ったSI技術を用いたクラウドサービス基盤を構築しており、信頼性の高いクラウドサービスを提供できるという。

 今後両社はそれぞれの強みを生かし、ほかの金融機関にもクラウドサービスを提供していくという。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...