2010年09月21日 08時00分 公開
特集/連載

自動学習機能で慣れによるメール誤送信も防止できる「SHieldMailChecker」誤送信対策製品紹介:富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ編

富士通SSLの「SHieldMailChecker」は、専用画面上での再確認でメール誤送信を防止する製品。自動学習機能で確認がおろそかにならないような工夫も施されている。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下、富士通SSL)の「SHieldMailChecker」は、クライアントタイプのメール誤送信防止製品だ。メール送信後に表示される確認画面で誤送信の疑いがあるメールの内容を再確認し、必要に応じてキャンセルすることで誤送信を防止する。

 同社では、ユーザーが手間を掛けずにSHieldMailCheckerを利用できるよう、確認画面の表示方法を工夫している。確認画面に表示される内容は主に「ポリシー違反があった場合の警告メッセージ」と「あて先」の2要素だが、あて先についてはアドレスが組織内外どちらであるかが一目で分かるようになっている。

画像 「SHieldMailChecker」の確認画面。黄色やピンク色で表示されている個所は警告レベルを表している

 アドレスの@以下を分類してあて先を整理しているため、組織外でも「企業名」「名前」がはっきりと分かるように表示される。また、事前に登録しておけば、備考欄で「携帯電話」「同業他社」などの注意文も表示できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...