2011年03月14日 09時00分 公開
特集/連載

メールシステム検討時に読みたい導入事例が詰まった3つのホワイトペーパーホワイトペーパーレビュー

TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から、豊富な導入事例を紹介している3つのコンテンツを紹介する。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

1200社の導入実績を誇るアウトソース可能なメールシステム

社外でのメール使用を禁止する? 許可する?

alt 提供:ビッグ東海(10ページ)

 本ホワイトペーパーは、新規にメールシステム導入を検討している方や、リプレースを前提に自社の既存メールシステムを見直したい方など、メールシステム検討時に参考となるコンテンツが詰まったパッケージだ。大きく3種の資料で構成し、ビッグ東海のメールセキュリティソリューション「MailSolution」の概要を記載したカタログ(2ページ)、メールシステムの脆弱性を診断するチェックシート(2ページ)、3社分の導入事例(計6ページ)を掲載する。

 カタログでは、ユーザー企業がMailSolutionを選択した理由や同製品の特徴を紹介している。

 チェックシートは、企業のメールシステムを診断する項目をメールサーバスパム対策、メールアーカイブ、添付ファイルセキュリティ、導入、運用・管理の6カテゴリに分類。導入事例も参考になる。メールシステム検討時に一読をお勧めしたい。

戦略的な情報環境を整備する大学が選択したメールセキュリティアプライアンス

一橋大学が採用したスパム対策も安心のメールセキュリティ

alt 提供:日商エレクトロニクス(2ページ)

 学内に専任の情報システム部門を抱える一橋大学は、2009年度に行った事務情報システムの大規模な改修時に、事務職員500人分の事務用メール基盤として、ミラポイントのメールセキュリティアプライアンス「Mirapoint RazorGate」を採用した。本ホワイトペーパーは、年度末の残り2週間で同大学がMirapoint RazorGateを選択した経緯や、日商エレクトロニクスによる導入時のサポート状況を紹介している。

 本ホワイトペーパーによると、一橋大学は同製品のコスト効果、高可用性を評価したという。同大学と同じように、大量のスパムや運用コストなどに悩んでいる企業には参考となる事例だ。

フィッシング詐欺対策として選ばれたクラウド型メールセキュリティ

愛知銀行が選んだ、月額62%のコストダウンが可能なクラウド型メールセキュリティサービスとは

alt 提供:ケイティケイ(27ページ)

 本ホワイトペーパーは、ケイティケイのクラウド型メールセキュリティソリューション「@Securemail(アットセキュアメール)」の紹介スライド(25ページ)と、その導入事例(2ページ)からなる。

 同社では、メールシステムの構築に欠かせない要素として「機密性」「完全性」「可用性」を挙げ、各要素に対して@Securemailがどのような機能・効果を提供するかを紹介している。また、ユーザー企業へのアピールポイントとして、アプライアンス型のメールセキュリティ製品とのコスト比較などもグラフ付きで示している。

 導入事例として紹介されている愛知銀行は、金融機関などをターゲットとするフィッシング詐欺への対策を強化するため、6年間使用していたシステムから@Securemailにリプレースしたという。システムの監査担当者が、運用面での負荷軽減などを重視しながらクラウド型メールシステムを選択した経緯などを語っている。

 今回紹介したホワイトペーパー以外にも、ホワイトペーパーダウンロードセンターでは、技術文書や製品資料、事例紹介などに関するホワイトペーパーを掲載している。ぜひダウンロードしてご活用いただきたい。

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...