2011年07月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

XenServer TipsXenServerでWindowsのメモリやCPUを拡張する場合の注意点

XenServerで32ビットのWindowsを利用する場合、メモリ割り当ての上限が4Gバイトに制限される。だが、一度作成した仮想マシンに対してコマンドを実行することで、4Gバイトを超えるメモリを割り当てることができる。

[山崎博昭,シトリックス・システムズ・ジャパン]

 XenServerで32ビットのWindows Server 2003/2008を利用する際、メモリ割り当ての上限は、デフォルトで4Gバイト(※1)に制限されている。

※1 厳密には4Giバイト(4096Mバイト)。

 また、Windows Server 2003/2008 Standard EditionではCPUソケットが4つまでサポートされているが、XenServerのハードウェアが2CPUソケットの場合、デフォルトでは2vCPU以上を割り当てることができない。

 以下、Windows Server環境でメモリやCPUを拡張する手法について解説する。

関連ホワイトペーパー

Windows Server 2008 | 32ビット | マルチコア


ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...