2011年11月01日 09時00分 公開
特集/連載

Windows 8のHyper-Vで必要になるライセンスとシステムWindows 8で機能拡張されるHyper-V【後編】

Windows 8に搭載され、機能が大幅に拡張するといわれているHyper-Vだが、仮想マシンで使用するライセンスや64ビットのホストOSが必要になるなど、幾つかの制約が存在する。

[Ed Tittel,TechTarget]

 前編「Windows 8クライアント版に搭載されるHyper-Vの重要な新機能とは?」では、Windows 8に搭載されるHyper-Vの新機能について紹介した(関連記事:拡張型仮想スイッチの改善に期待、Hyper-V 3.0の新機能)。後編では、その利便性だけでなく制約についても紹介する。

クライアント上のHyper-Vが重要な理由

 Windows 7 Professional、Enterprise、Ultimateの各エディションで利用できるWindows XPモードは、Windows Virtual PCベースのVM内で動作する、無料ライセンス付きのWindows XPへのアクセスを提供する。この機能は、VMがOS移行時の悩みの種を解決することを証明した。VMは、新OSと互換性のないレガシーアプリケーションを使い続ける比較的簡単な方法を提供するのだ。

 Windows XPでは動くが、Windows 7では動かない古いプログラムやコードがある場合、マシンをWindows 7搭載機に交換したり、ホストOSを同OSにアップグレードしても、Windows XPモードを使えば、それらのレガシープログラムやコードを簡単に仮想マシン環境で使い続けることができる。

 Windows 8のHyper-Vは、アプリケーションの継続利用のために、以前のバージョンのWindows(さらには非Windows)を仮想マシン環境で実行することに道を開く。しかし、以下のように、それには制約がある。

関連ホワイトペーパー

Windows Server 2008 | Hyper-V


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...