2012年10月29日 08時00分 公開
特集/連載

Oracleがかつてのパートナーに脅し? サポートを巡って訴訟が相次ぐ増える代替サポートの利用が背景か

OracleがCedarCrestoneに知的財産権を侵害されたとして提訴した。サードパーティーによるメンテナンスを提供させないため、脅しをかける狙いがあると専門家はみる。

[Lena J. Weiner,TechTarget]

 米Oracleがサードパーティーのサポート企業、米CedarCrestoneを相手取って起こした裁判は、尽きるところ、ベンダーの知的財産権か、それとも顧客の権利か、という問題に行き着くと専門家は指摘する。

 Oracleは、パートナーだったCedarCrestoneに知的財産権を侵害されたとして提訴した。CedarCrestoneがOracleのアプリケーションのアップデートを許可なく提供し、パートナーとしてのログインIDを使ってOracleのサポート資料を不正にダウンロードしたとして、著作権侵害、契約違反、不当競争で損害賠償を求めている。請求額は現時点で明らかにしていない。

 この裁判について、米Constellation Researchのアナリスト、R・レイ・ワン氏は次のように解説する。「要するに、顧客が製品を買うときに何を期待するかということだ。ほとんどの顧客は、製品を自分たちの好きなように使って、不要になればライセンスを売却できると考えている。ソフトウェア以外の車、電話機、コンピュータといった製品ではそれが可能だ。だがソフトウェアだけは特許権と(知的財産)権の問題がある。そこにグレーゾーンが生じる」

 この件についてOracleとCedarCrestoneにコメントを求めたが、返答はなかった。

OracleがCedarCrestoneを提訴した理由

 企業がかつて緊密な関係にあった相手を訴えるのはなぜか。Oracleは訴訟に関して一貫した姿勢を保とうとしている、とワン氏はみる。Oracleはここ数年で、独SAPの子会社だったTomorrowNowや米Rimini Streetなど、複数のサードパーティーサポート企業を提訴してきた。これら各社がOracleのソフトウェアや資料などを不法にダウンロードして、顧客に割引料金でサポートを提供するために使ったと主張している。

 「CedarCrestoneについて興味深いのは、同社がOracleの筆頭級のパートナーだったことだ。同社は最も長期にわたりOracleと最高レベルの関係を持つパートナーであり、2010年にはOracle Titanと呼ばれる賞も受賞していた。だが、Oracleの訴訟に関する姿勢は変わらない。CedarCrestoneがサポートを提供しているのを知らなかったというわけではない。Oracleの観点からすると、自社の知的財産権を守るためには訴訟する必要があった。サードパーティーに保守サービスを提供させないための脅しをかけようとしているのだ」(ワン氏)

 Rimini Streetのデービッド・ロウ上級副社長もワン氏と同じ見方を示し、今回の訴訟にも驚かなかったと話す。「Rimini Streetを相手取った裁判書面の中でOracleは、CedarCrestoneを提訴する以外に選択肢はなかったと述べている。もしOracleがCedarCrestoneを提訴していなければ、Rimini StreetはOracle対Rimini Streetの訴訟において、その部分を突いていた。Oracleは予想通りにCedarCrestoneとのパートナー契約を打ち切り、同社を提訴した」(ロウ氏)

サードパーティーサポートへの関心の高まり

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。