2011年07月25日 09時00分 UPDATE
特集/連載

OracleとRed HatはノーコメントOracleがRed Hat Enterprise Linuxのサポート中止を計画?

「OracleがRHELのサポート中止を計画している」という声が上がっている。Oracleの真意はどこにあるのか? RHELユーザーはどうするべきなのか?

[Mark Fontecchio,TechTarget]

 米Oracleのサポート部門が最近リリースしたメモを受けて、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)ユーザーの間から、Oracleの今後のRed Hatサポートに対する疑問の声が上がっている。しかし、これは自社のデータベースのストレージ管理機能に関するOracleの計画を示したものだと説明する専門家もいる。

 2011年の春にリリースされ、6月に更新されたこのメモの内容は、ASMLibに関するものだ。ASMLibは、Oracle DatabaseのAutomatic Storage Management(ASM)機能のサポートライブラリだ。同メモによると、このサポートライブラリは「ASMを使用するOracle Databaseが使用中のディスクグループに効率的かつ機能的にアクセスすることを可能にする」としている。

 サポートメモには、2010年秋にリリースされ、5月にアップデートされたRHEL 6に関する記述もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。