2011年07月19日 09時00分 公開
特集/連載

OracleがOpenOfficeを譲渡──オープンソース支持者の評価はさまざま2つのOSSの行方は?

2011年6月、米OracleはOpenOffice.orgのソースコードをASFに譲渡すると発表したが、OpenOffice.orgの主要メンバーはそれ以前に新プロジェクト「LibreOffice」を立ち上げている。両製品は今後どうなるのか。

[Nick Martin,TechTarget]

 米Oracleが2011年6月初め、OpenOffice.orgのソースコードをApache Software Foundation(ASF)に譲渡すると発表したことに対し、オープンソースソフトウェアコミュニティーはさまざまな反応を示している。同プロジェクトがOracleの下で停滞していたと感じていた人々が今回の動きを歓迎する一方で、The Document Foundation(TDF)の「LibreOffice」との連係を期待していた人々は不安を抱いているようだ。

 同コードを寄贈するというOracleの決定は、このオープンソースアプリケーションスイートに対する同社の管理が終了することを意味する。Oracleによる管理は、同社が2010年1月に米Sun Microsystemsの買収を完了したときから始まった。買収直後から、OpenOffice.orgプロジェクトに対するOracleのコミット姿勢を疑問視する向きもあり、同社から明確な方向性が打ち出されるまでは、企業は同スイートの採用を手控えるようアドバイスするアナリストもいた。Oracleは同プロジェクトへのコミットメントが欠如していると見られていたこともあり、OpenOffice.orgの主要開発者の一部は2010年9月に同社とたもとを分かち、同じコードをベースとする新たなプロジェクトLibreOfficeを立ち上げた。

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...