2007年10月11日 04時45分 公開
特集/連載

Microsoft OfficeからOpenOffice.orgへ──ある市役所の場合技術より「気持ち」の問題が大きかった

15年分の文書の変換や研修を受けたがらないユーザーに手こずったが、現在はOpenOffice.orgをかなり満足のいくスピードで実行している。

[Solveig Haugland,TechTarget]

 デイブ・リチャーズ氏はある市役所のIT管理者だ。この市がOpenOffice.orgを使うようになって約6年。同氏はLinuxの伝道師的存在で、大型サーバ1台とかなり旧式のダム端末多数でエレガントかつ効率的なLinuxネットワークを運営し、OpenOffice.orgをかなり満足のいくスピードで実行している。

 リチャーズ氏にとっての誇りは、同市が公式には一度もWindowsを使ったことがないことだ。同氏が勤め始めたのは1993年。当時はまだキャラクタベースだったWordPerfectをVAXとSCO UNIX上で使っていた。運用に問題はなく、まず初のグラフィカルバージョンであるWordPerfect 6へ、次いでX Window Systemで動作するWordPerfect 8へとアップグレードした。IT部門にとってはやりやすかった。UNIXネットワークは管理しやすくパワフルで、全員がWordPerfectを使っていたからだ。

乗り換えを促した要因

 90年代後半、WordPerfectはUNIXバージョンのサポートを打ち切った。同市はJavaバージョンのWordPerfectを試したが、これはスピードが遅過ぎた。さらに面倒なことには、ユーザーの一部が数少ないWindowsコンピュータで、CorelのスプレッドシートではなくExcelとPowerPointを使っていた。このため事態は複雑になった。OSの種類が多過ぎると一部のコンピュータはネットワークから外れ、さまざまなアプリケーションを多数サポートしなければならなくなるからだ。

 同市はLinuxの運用を続け、サポートするオフィススイートは1つのみとすることを切望していた。そこでStarOfficeの評価を行ったが、特にサーバからシンクライアントへのリモート表示に関して問題があった。しかしその後OpenOffice.orgが発表され、開発スタイルがオープンソースだったため、市のIT担当者がOpenOffice.orgの開発者と密接に連携することができた。開発者らは、マルチワークステーション環境におけるパフォーマンス向上のためのフィックスを導入。市の職員と共同でWordPerfectのインポートフィルタにもかなり手を加えた。技術的に最も難しいのは古い文書の変換だった。

 この時点でOpenOffice.orgは利用可能なソリューションだった。WordPerfect、Excel、PowerPointに匹敵し、マルチワークステーションのLinux環境に対応したアプリケーションという、優れたソリューションと思えるものがこれで見つかった。1年がかりのテストの後、同市は2003年、正式にOpenOffice.orgに乗り換えた。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...