2006年08月22日 08時00分 公開
特集/連載

マイクロソフト対抗策としてオープンソースを利用するオラクルColumn

オープンソースソフトウェア市場におけるオラクルの最近の動きは、マイクロソフトに揺さぶりをかけるのが狙いだというのが、多くのITプロフェッショナルの一致した見方だ。

[Mark Brunelli,TechTarget]

 オープンソースソフトウェア市場におけるオラクルの最近の動き(オープンソース分野大手のスリーピーキャットの買収など)は、マイクロソフトに揺さぶりをかけるのが狙いだというのが、多くのITプロフェッショナルの一致した見方だ。

 先ごろ開催された「New England Oracle Applications User Group」カンファレンスで取材に応じたOSSユーザー、コンサルタント、ITプロフェッショナルたちは、オラクルがオープンソース運動を支持する姿勢を鮮明に打ち出した背景には、「ありとあらゆるものを提供する」という同社の目標に近づくとともに、ライバルのソフトウェアメーカーであるMySQLからの増大する脅威を取り除くという狙いがあると指摘する。

 ERPコンサルティング企業のモニュメントデータソリューションズでコンサルタントを務めるカール・ルービン氏は、「オラクルの観点から見れば、オープンソース市場に参入するというのは素晴らしい戦略だ。彼らの損失になることは何もないからだ。オラクルは補完的な製品を手に入れた。これは、新たな顧客、新たな分野を開拓する足掛かりになる」と話している。

 オラクルがスリーピーキャットと同社の組み込み型データベース管理システム(DBMS)である「Berkeley DB」を買収したのは、今年2月である。オラクルはそのとき、2009年までに組み込み型データベース市場の規模が32億ドルに拡大する見込みだとするIDCの予測を引き合いに出した。同社によると、デュアルライセンス方式で配布されているBerkeley DBは2億台以上のデバイスへの導入実績があり、オープンソースデータベースとしては最も広く普及しているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...