2013年01月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

課題解決ナビ災害に備えてデータを安全に保管したい

顧客情報や契約情報など、失うことが許されないデータは数多い。災害時にデータを守り抜くことは、事業継続に関わる重要な経営課題だ。解決に役立つ具体策を紹介する。

[TechTargetジャパン]

 データを災害から守り抜くには、その重要性に合わせて二重三重の保護が必要であることは言うまでもない。基本的な対策となるのがバックアップだが、障害対策と災害対策は考え方が異なる。障害対策は、即座に復旧するためにバックアップデータを本番環境の近くに置くのが基本的な考え方となる。ただし災害対策の場合、リスク分散を考慮すれば、データを本番環境とは別の場所で保管するのが適切だ。

 災害対策としてのバックアップの手段はさまざまであり、バックアップ対象のデータや自社のシステム環境によって対策が変わる。自社のシステムにとって必要十分な対策を、下記の解決策から選択してほしい。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...