2013年に55%が昇給、セキュリティ担当者が重宝される訳新規人材の採用予定も約4割

セキュリティプロフェッショナルの57%が2012年に昇給し、2013年も55%が昇給の見込みであることが、米TechTargetのIT給与調査から明らかになった。その背景に迫る。

2013年01月29日 08時00分 公開
[Robert Westervelt,TechTarget]

 ITセキュリティとコンプライアンスのプロフェッショナルは、常にキャリアアップを志し、現在の勤務先での昇進を目指しながら、新たなチャンスにも前向きな姿勢を保つ――。米TechTargetが2012年に実施したIT専門職の給与に関する調査で、そんな実態が浮かび上がった。

 調査はTechTargetが運営するWebサイトの読者のうち、北米のITプロフェッショナル2277人を対象に実施した。ITの専門分野は40種に及ぶ。この中には、組織内で主にITセキュリティ、コンプライアンス、リスク管理、災害復旧を担当する約200人が含まれる。

 セキュリティやコンプライアンス担当者のうち、現在の仕事に満足していると答えたのは、25%にとどまった。あと3〜5年は現在の職にとどまるつもりだとの回答も22%にすぎなかった。

 この調査結果は、セキュリティ業界全般に共通する課題を反映している。キャリア志向のITセキュリティプロフェッショナルは、転職が多いという実態だ。

 SNSやメーリングリストでは、仕事のネットワーク作りが盛んである。キャリアアップを目指す人は、業界カンファレンスでコネを作って職を探す。今回の調査では、積極的に新しい職探しはしていないとの回答が多数を占めたものの、半数強は新たなチャンスにも前向きだと答えた。

 こうした中、企業の人事部門は、業界におけるスキルの溝の拡大を理由に、特定のITセキュリティ職の人材確保に苦慮しているのが現状だ。

 調査によると、多くのITセキュリティとコンプライアンスのプロフェッショナルにとって、2012年は良い年だった。57%は昇給があり、43%が賞与を受け取り、給与に変化がなかったのは11%のみだった。

 2012年の年収は、10万〜15万ドルが約半数を占め、15万ドル超は6%にとどまった。この数字には、賞与などの一時金は含まれていない。

 ITセキュリティを保つために相当額の投資が必要だという一般認識は、組織にある程度浸透しつつあるのかもしれない。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...